ムダ毛処理気温が高くなると重たいコートやブーツ、重ね着といったファッションはどんどん減っていき、薄手のシャツやサンダルなどの軽い服装に変化していきますが、そんな薄着の季節になるとどうしても気になるのがムダ毛の存在です。
 
 
ワキや腕、脚などのムダ毛処理を行っている方は多いと思いますが、その中でも自分で処理をしている場合、そのムダ毛処理のやり方は実は間違っているかもしれません。

スポンサーリンク

間違った方法でムダ毛処理を行っていると、肌を傷めてしまっている恐れがありますので、どんなやり方が間違っているのか、そして正しいムダ毛処理の方法や、サロンで行われているムダ毛処理はどういったものなのかということをご紹介したいと思いますので、ぜひ参考にしてご自身の処理方法を見直してみて下さい。

間違ったムダ毛処理の方法

間違い自分で処理をする時に、これらが間違ったムダ毛処理の方法となりますので、もしも思い当たる場合はすぐに改善することをお勧めします。

古いカミソリを使い続けている

自己処理をしている方の中でも一番多いのが、カミソリを使ったムダ毛処理ですが、そのカミソリを買った時期を覚えていないくらい古いものや、刃の切れ味が悪くなっているにも関わらず使い続けていると、肌に負担がかかってしまいます!
 
古いカミソリに潜んでいる雑菌などが毛穴に入り込むといった、衛生上の問題も出てくるので、普段使っているカミソリが古くなっていたり、切れ味が悪いと感じているのであれば、速やかに新しいものに替えるようにして下さい。

肌を濡らさないでシェービングをする

濡れていない肌は毛もふやけていない状態なので、乾いたままの肌にいきなりシェービングをしてしまうと、剃りにくいだけでなく肌の表面を傷つけてしまう恐れがあります。
 
シェービングを行う際は、必ず肌を濡らすこと、そして専用のシェービングフォームやシェービングクリームなどを使って、これらで肌をしっかり保護しながらムダ毛処理を行うようにして下さい。

逆剃りや無理に埋没毛を剃る

カミソリでシェービングを行う場合は、毛の流れに沿うことが基本ですので、流れに逆らって剃るといういわゆる「逆剃り」は避けるようにして下さい。
 
また、皮膚の中にムダ毛が埋まっている状態である「埋没毛」は、無理に剃ってしまうと炎症を起こすことがありますので、行わないようにすることをお勧めします。

肌に合わないクリームやジェルを使っている

ムダ毛処理を行った後の肌はとてもデリケートな状態になっているので、ご自身の肌質に合わないクリームやジェルといった化粧品でアフターケアを行なっていると、思いも寄らない肌トラブルを引き起こす可能性があります。
 
低刺激タイプの化粧品を使うことで、これらの肌トラブルを改善しやすくなりますので、ご自身の肌に合った化粧品でしっかり保湿するようにして下さい。

生理前後にムダ毛処理を行う

生理前後の時期の肌は、刺激に対してとても敏感な状態になっているので、この時期にムダ毛処理を行うと肌トラブルを起こしやすくなります。
 
ご自身で肌の状態があまり良くないと感じる場合は、できるだけこの時期のお手入れを避けるようにして下さい。
 
これらのように、間違った方法でムダ毛処理を行うと、肌に大きな負担がかかってしまうので、処理の方法や体調にしっかり気を配ることが大切になります。

スポンサーリンク

正しいムダ毛処理の方法

正しい

自己処理でお勧めの環境はお風呂

自分で行うムダ毛処理で特にお勧めの環境はお風呂であり、入浴中は肌や毛が柔らかくなるため、処理を行うのにとても適しているというメリットがありますが、その一方でお風呂は湿度が高いことから、雑菌が繁殖しやすい環境なので注意する必要があります。
 
お風呂でシェービングを行う際は、肌も毛も柔らかくなり温まった状態になる、入浴して10分ほど経過した頃が剃りやすいのでお勧めです。
 
ただ、お風呂で温まった肌はカミソリの刺激で細かい傷ができると、そこから雑菌が侵入して繁殖したり、毛穴が広がるきっかけとなってしまうなどのトラブルに繋がってしまう恐れもあるので、肌を保護する専用のシェービングクリームなどを併用するようにして下さい。
 
お風呂以外でムダ毛処理を行う場合は、シェービング前に蒸しタオルなどを使って肌を温めておくと、毛穴が開いて毛も柔らかくなり、剃りやすくなるのでお勧めです。

カミソリを使って行うムダ毛処理

カミソリでのムダ毛処理は、どんなに丁寧にシェービングしたとしても、肌に負担をかけてしまうことは避けられないので、正しい処理方法を把握することで肌への負担の軽減に繋がるため、しっかり頭に入れておくようにして下さい。

カミソリと肌の状態は清潔に保つ

カミソリを使ってムダ毛処理を行う場合は、まずカミソリについている刃が古くなっていないか、錆びついていないかといったことを確認することが大切になります。
 
古くなっていたり、切れ味が悪くなっているままシェービングをしてしまうと、必要以上に肌に大きな負担をかけてしまうので、カミソリの状態を確認し、交換が必要であれば新しいものに取り替えるようにして下さい。
 
また、古さや切れ味の悪さだけでなく衛生的な問題もあるので、常に清潔なカミソリを使うためにも、2週間ごとに刃を取り替えるなどこまめに交換したり、湿気の少ない場所にカミソリを保管するなどの工夫をすることをお勧めします。

お勧めは一枚刃

使用するカミソリの刃は、複数の刃がついたタイプよりも、一枚刃の方が肌にかかる負担が少ないのでお勧めです。

専用のシェービングクリームなどを使う

肌が乾いた状態でシェービングを行うと、摩擦を引き起こしたり角質を傷つけてしまうので、絶対に行わないようにして下さい。
 
専用のシェービングクリームなどを肌につけて、カミソリの滑りを良くしてから処理をすることがとても大切になります。

アフターケアをしっかり行う

カミソリはムダ毛だけでなく、肌の角質もどうしても一緒に剃ってしまうため、シェービング後の肌の状態はとてもデリケートになっています。
 
処理後の肌は放置せず、乳液などでしっかりと保湿することが大切で、もしも肌が炎症を起こしている場合には、冷やしたタオルで患部を落ち着かせるようにして下さい。

電気シェーバーを使って行うムダ毛処理

電気シェーバーは、刃が肌に直接当たらない状態でシェービングできるので、カミソリに比べて肌にかかる刺激が少ないことが多いため、カミソリ負けしやすかったり、肌荒れしやすい方も使える可能性があります。

何もつけずに逆剃りが可能

電気シェーバーはシェービングクリームなどをつけずに処理ができますし、カミソリと違って毛の流れに逆らう「逆剃り」が基本になります。
 
肌に垂直に当て、軽く押すようにシェーバーを動かすのが、綺麗に剃るコツとなります。

長い毛は短くする

電気シェーバーは短い毛を剃る作りになっているので、毛が長いままだとうまく剃れない可能性があるため、あらかじめ短く切ってからシェーバーを使うようにして下さい。

定期的に刃を交換する

電気シェーバーも、カミソリと同じく刃を定期的に替える必要があります。
 
メーカーにもよりますが、1~2年に1度くらいの頻度で刃を新しくすることをお勧めします。
 
 
正しいムダ毛の処理方法については、こちらで詳しくご紹介しております!

サロンで行うムダ毛処理とは

エステサロン

シェービングサロンで行うムダ毛処理

その名の通り、ムダ毛処理のエキスパートであるシェービングサロンでの施術は、ワキや腕、脚といったお馴染みの部位だけでなく、自分では見ることの難しい背中のシェービングまで行ってくれる場合もあるので、背中のコースが設けられているサロンで処理の相談をすることをお勧めします。
 
ムダ毛処理だけでなく、古くなった角質の除去も行なうため、シェービングサロンで施術後の肌はワントーン明るくなることが多いです。
 
肌のターンオーバーは28日前後であり、ターンオーバーによって十分に育った肌でシェービングを行うことで、肌への負担を最小限に抑えることができるため、この肌の生まれ変わりのサイクルに合わせて、1ヶ月に1~2回の頻度での施術がお勧めです。
 
自己処理に比べて圧倒的に高い技術で施術してもらえるシェービングサロンですが、その時その時の肌の状態に合わせて施術が進められていくため、自宅でのケアについてアドバイスされることもあります。
 
ただサロンに全てをお任せするのではなく、自己処理の方法やケアについての疑問など、些細なことであっても相談しておくと良いと思います。

脱毛サロンで行うムダ毛処理

脱毛サロンでムダ毛処理を行う際は、多くの場合「光脱毛」を採用していることがほとんどです。
 
光脱毛とは、メラニン色素に反応するライトをムダ毛のある部位に当てることで、毛根を弱らせるという方法で、このライトが当たった場所の毛は数日後に抜け落ちる仕組みになっています。
 
また、成長期のムダ毛にライトを当てることで、毛が再生される力を弱める効果も期待できるため、光脱毛は「不再生脱毛」とも呼ばれています。
 
この光脱毛は出力が弱めなので、施術中の痛みも少なく、かかる費用も比較的リーズナブルで行えますが、ムダ毛が無くなってツルツルの肌を手に入れるまでには時間がかかるというデメリットもあります。
 
光脱毛は「毛がだんだんと薄くなって生えにくくなる」ということを目標にしているため、「完全にムダ毛を根本から無くして一切生えないようにしたい」という永久脱毛をご希望の方は、医療脱毛がお勧めとなります。
 
脱毛サロンでムダ毛処理を行う際にかかる費用は、数万円や数十万円などサロンによって異なりますが、月額制を設けているサロンも増えているので、まず総額でいくらくらいになるのか、通う期間はどれくらいになるか、施術対象となる部位はどこなのかといったことをしっかり確認するようにして下さい。

まとめ

ムダ毛処理の間違った方法や正しい方法、サロンで行われるムダ毛処理についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
 
 
カミソリや電気シェーバーを使って自分でムダ毛処理を行うのは、手軽で費用もある程度抑えられる一方で、間違った方法で処理すると肌への負担は大きなものとなってしまうデメリットがあります。
 
 
肌トラブルに見舞われないためにも、正しい方法で処理を行うことが大切ですが、プロの手で確実に綺麗に処理してもらえるサロンを利用するのもお勧めです。
 
 
薄着の季節も堂々と過ごせるように、ぜひご自身に合った方法でムダ毛処理を行ってみて下さい!

スポンサーリンク