職場の人間関係で疲れた時人間関係というのは、会社や学校など必ずついてまわるものですから人が悩む最大の原因だったりします!
 
 
特に職場での人間関係に疲れた場合は、やる気も起こらないばかりか会社にいくことさえ嫌になってしまったり、時には心が病んでしまうことに繋がったりします。

スポンサーリンク

人間関係というのは、悪化してしまうとなかなか厄介で、仕事が上手く行かなくなるだけでなく、ストレスが溜まって心も身体も消耗してしまうのです。
 
 
特に職場は1日の中でも多くの時間を過ごす場所なので、人間関係に疲れたと感じてしまうとまるで拷問のような時間となってしまいます。
 
 
そうならないためにも、人間関係が疲れたと職場で感じるようになった時の対処法をご紹介しますので参考にしてみて下さい。

人間関係が疲れたと感じる理由とは?

人間関係が疲れた人間関係が疲れたと感じる理由にはいくつかありますので、自分の状況と照らし合わせてみて下さい。

誰からも好かれようと思っているから

多くの人は誰もが、相手から好かれたいと無意識に行動してしまう生き物です!
 
相手から好かれた方がそうでないよりも気分が良いものですし、同僚や上司に好かれればその分仕事もやりやすくなりますが、あまりにも好かれようと必死になることで、相手と接する時に必要以上に良い自分を見て貰おうと頑張ってしまいがちです。
 
その頑張り過ぎることがストレスとなり、人間関係に疲れるという気持ちに繋がってしまうのです。

1人で行動出来ないから

同じ職場に仲の良い人がいればとても安心出来ますし、仕事をするのも楽しくなるものではないでしょうか?
 
でもそのために自分の気持ちや考えを曲げてまで相手に合わせる必要はありませんし、付き合う必要もありません。
 
一緒に仕事をする上である程度は人に合わせることは大切ですが、合わせ過ぎると辛いと感じやすくなり人間関係に疲れてきますので、思い切って1人で行動してみることもとても大切なことになります。

趣味を持っていないから

家と職場の往復しかしていないと、家と職場しか居場所が無いということになってしまいます・・・
 
そんな状態だと職場で嫌なことがあったとしてもストレスを発散する場所が無く、溜め込んでしまい追い詰められやすくなりますので、人間関係に疲れたと感じてしまうことが多くなってくるものです。
 
自分の心が安らぐような居場所を職場とは別に作るという意味で趣味を持つことをお勧めします。

スポンサーリンク

好きな人とだけ仲良くする

仲良くする人間関係に疲れたと職場で感じてしまったときに、好きな人とだけ仲良くするという割り切った考えでの対処法は結構、気持ちが楽になるものです。
 
 
自分が誰かと接する時、相手に自分のことを良く思って欲しいと意識してしまうのはおかしいことではありませんし、この「良い人だと思われたい」という感情は、あなただけではなく世界中の誰もが持っている当たり前のものです。
 
 
そんな感情が誰にも良い顔をしてしまうという、いわゆる「八方美人」といった行動として表れますが、実はこの八方美人は逆に職場の人間関係を疲れたと感じる原因にもなってしまうので、無理に八方美人をするのではなく、思い切って特定の好きな人とだけ仲良くするという対処法は効果的になります。
 
 
無理に良い顔をしなくても、本当に好きだなと感じる人が職場に1人でもいることで、精神的にも心強くなって疎外感を抱きにくくなりますし、職場に行くことが楽しくなってストレスも減り、仕事も捗るものなのです。
 
 
職種や仕事の形態によって職場の年齢層や人数に違いはありますが、自分が好きだなと感じる人を見つけられたらラッキーだと思って、是非良い関係を築くようにして下さい。

割り切って表面的だけ仲良くする

表面的だけ仲良くする人間関係を良好なものにするために、出会う人全てと全力で向き合っていてはあなたの心も身体ももたなくなって人間関係に疲れてしまいます。
 
 
職場は仕事をする場所なので、必要以上に同僚や上司と仲良くしなければならないという決まりはありませんが、だからと言って接触しない訳にもいかず、コミュニケーションが全く無いと仕事が進まなくなってしまいます。
 
 
仕事をスムーズに進めるためのコミュニケーションはとても重要ですが、プライベートの友達になる必要は全くありませんので、この線引きを自分の中でもはっきりとさせておくということは大切なのです。
 
 
表面的であったとしても上手く仲良くしているように振る舞い、心の中では割り切っておくようにすると気持ちがグッとラクになります。
 
 
それくらいのしたたかさを持っておくと、めんどくさいと思っていた人間関係に振り回されることがいつの間にか減っていた・・・と感じるようになり、結果的に人間関係が疲れたというようなストレスも減って健やかに過ごせるようになるのです。

付き合いの悪い人間と思われる

職種によって違いはあるものの、基本的に社会人は社内のレクリエーションやイベント事、忘年会・新年会といった仕事以外での付き合いというものが多くありますが、それらの付き合いに参加することで人間関係に疲れると思っている人も多いのではないでしょうか?
 
 
めんどくさいと思っていても毎回律儀に参加していては、そんな不満は一向に解消することは出来ないため、思い切って付き合いをパスすることで「彼女(彼)は付き合いの悪い人間だ」と周囲に思って貰うようにすると良いわけです。
 
 
一旦そう周りに認識して貰えれば、付き合いに誘われることも減っていきますし、たとえ参加しなかったとしても「あの人は付き合いに参加しない変わり者だから仕方ない」とあまり勘ぐらずに円満に受け取って貰えるようになります。
 
 
本当は行きたくないのに無理をして付き合いに参加していても、周りはそんなあなたの状況を知るわけもありませんから、人間関係に疲れたとストレスで苦しい思いをする前に、思い切って付き合いの悪い人間というレッテルを貼って貰ってラクになることをお勧めします。

鈍感な人間のふりをする

人間関係に疲れたという悩みは、「自分VS誰か」という図式以外にも「誰かVS誰か」といった自分以外の人間同士の揉め事に、第三者として自分が見たり聞いたりするというケースで起こる場合もあるものです。
 
 
自分が全く関係無い訳ではなく、例えば揉めている当人同士の上司であったりする場合は、責任者である訳ですから勿論しっかりと叱る必要がありますが、そのような立場では無い場合や全く関係が無い場合は、わざわざ首を突っ込んだりオロオロする必要はありません。
 
 
関係が全く無くても揉め事は気になるものですが、いちいち関与していてはこちらにトバッチリが来ないとも限りませんし、あなたの身も心も保たなくなってしまいます。
 
 
そんな時に比較的角が立たずに、尚且つ巻き込まれる恐れも少ないのが「鈍感な人間のふりをする」という対処法になります。
 
 
本当は気になるのが本音だと思いますが、職場は仕事をする場所なので、叱る立場では無かったり全く関係無い立場である場合は、気にせずに自分のやるべき仕事に集中するように心がけて下さい。

飲み会で二次会には行かない

飲み会お酒の席というものは、人間の本音や本性が出やすい場所なので、職場関係の飲み会は人間関係に疲れるようなストレスになる場合が多いものです。
 
 
だからと言って飲み会自体に参加しないとなると、それだけで人間関係に支障を与えかねないため、出来れば一次会のみ参加して二次会は遠慮すると賢明なのではないでしょうか。
 
 
普段の飲み会以外でも、どうしても付き合いで参加しなければならない飲み会の場合も、とりあえず一次会だけ我慢して参加すれば意外と周りは何も言わないケースが多いですし、二次会以降はお酒が十分に回ってしまっている人たちが多く集まりやすいため、職場の人間の嫌な部分を目にする機会がどうしても増えてしまいます。
 
 
二次会に参加しないことで、仕事だけやっていれば本来は見る必要のなかったネガティブな部分を見せられてしまうという経験をせずに済みますので、自分を守るためにもはっきりと二次会には行かない意思を伝えることがとても大切になります。

喜怒哀楽の感情をきちんと表現する

怒る仕事をしていると様々な出来事に出会いますが、特に「本当は怒りたいけど我慢しなきゃ」とか「本当は哀しいけど哀しいなんて言っちゃいけない」などの、「怒り」や「哀しみ」の感情を抑える場面に遭遇することは、社会人として当然のように多くなるものです。
 
 
仕事上の付き合いとして角が立たないようにとか、自分が我慢する上でスムーズに事が運ぶようにするために「怒り」や「哀しみ」の感情を表面に出さないことはとても大切ですが、「楽しい」という気持ちや「喜び」などのプラスの感情まで抑えてしまうと、場合によっては人間関係に疲れてめんどくさいと感じやすくなってしまいます。
 
 
わざとらしく大げさに表現する必要は全くありませんが、「楽しい」「喜び」といったポジティブな感情は素直に表現することが人間らしさの1つになります。
 
 
無理に抑えず素直に表に出した方が相手との関係も良好なものとなり人間関係もラクになるので、仕事をする上でも喜怒哀楽の感情をきちんと表現することをお勧めします。

知ったかぶりをせず素直に聞く

仕事は自分1人で出来るものではなく、周囲の人と協力してこなす場合が多いものですが、そんな人と協力して行うために欠かせないのが相手からの信用ではないでしょうか。
 
 
あなたが誰かと一緒に仕事をする上でも、その誰かをあなたが信用していないと仕事は出来ませんよね。
 
 
お互いに相手を信頼することが大切になって来ますので、そんな信頼関係を壊すような行動は絶対にやってはいけないということになります。
 
 
特に本当は知らないのに知っているふりをする、いわゆる「知ったかぶり」をしてしまうと、一気に人間関係がこじれやすくなってしまいますし、それまで積み上げて来た相手からの信頼も一気に失ってしまう可能性があります。
 
 
わからないことや知らないことは、そのまま放置するのではなく素直に聞くことが非常に大切ですし、逆に自分が聞かれる側だった場合も「そんなこともわからないの(知らないの)?」などとバカにするような態度はせず、親切に答えるようにするとお互いの信頼度も増して、仕事も上手く進むようになります。

仕事に集中する

仕事に集中集中している間は、目の前のこと以外に意識が行かない状態になっており、周囲の余計な雑音なども耳に入りにくいメリットがあります。
 
 
あなたが「人間関係に疲れた」と感じているということは、仕事をせずにその余計な雑音にばかり気を取られていて、はっきり言ってしまうと仕事以外のどうでもいい部分に囚われて時間を無駄にしているということになります。
 
 
職場は仕事をするための場所なのに、その職場にいながらも仕事をせずに「あの人の態度が気に入らない」とか「あの人の言い方は腹が立つ」などの感情に支配されて、頭がいっぱいになってしまっているのはあまりよいこととはいえません!
 
 
他人の行動や言動が気にならないと感じない人はいないでしょうが、その多くは自分が過剰反応しているだけだったりします。
 
 
余計なことにエネルギーは使わずにその分、仕事にそのエネルギーを向ければ、いつの間にかモヤモヤしていたことも忘れているはずなので、しっかり仕事に集中することをお勧めします。

とりあえず我慢する

我慢する仕事自体は何の問題も無く大きな不満なども無いけれど、職場の人間関係が上手く行かず疲れたという理由で仕事を辞めてしまう人は意外に多いものです。
 
 
世の中にはいろいろな人がいるので、自分と同じ価値観の人を探したとしてもなかなか見つからないのが当然であり、価値観が違うからといって相手を何とか自分の思い通りに変えようとするのも無理な話になります。
 
 
相手を変えられないなら自分が変わるしかないので、まずは自分の意識を変えてみるようにしてみて下さい。
 
 
具体的には「社会人のお給料は我慢代だ」というように、自分の我慢をポジティブな対象に結びつけたり、「我慢することでお給料を頂いているのだ」という意識を常に持っていれば、人間関係に問題があったとしてもラクな気持ちで仕事に臨めるようになります。
 
 
我慢のし過ぎは勿論良くありませんが、自分の心をポジティブに保つための我慢は仕事をする上でとても役に立ちますので、是非取り入れてみて下さい。

上司に相談する

上司に相談する職場の人間関係に疲れたと感じる原因は、何も自分に原因があってそうなっている場合だけでなく、セクハラやパワハラといった相手に問題があって自分が困っているという状況の場合もあります。
 
 
原因が自分ではなく相手にあるとはっきりわかっている状況なら、思い切って人事などのその問題に対して適切な立場にある人や、上司などの権限のある人に頼って相談してみるのが望ましいです。
 
 
第三者である人たちに問題を客観的に見てもらうことで、意外にあっさりと解決してしまったり改善することもあるので、自分1人で悩まずに打ち明けると良いかもしれません。
 
 
ただ、人事や上司に相談しても、自分の言うことを聞いて貰えなかったりわかって貰えなかった場合は、いつまでもその職場に留まらずに転職してしまうという選択肢もあると考えておくように心がけて下さい。
 
 
ずっと悩んでいると心も身体も消耗していってしまいますので、一度第三者に相談してみることをお勧めします。

まとめ

人間関係に疲れたと感じてしまった職場での対処法についてご紹介いたしましたが参考になりましたでしょうか?
 
 
職場ではめんどくさい人間関係がつきものですが、それをどう受け取り対処していくかであなたの精神的・肉体的な負担は変わってきます。
 
 
ただ、どのケースにも言えることですが、あまり深く考え過ぎたり真面目に捉えすぎないように、ドンと構えてマイペースに生きることも大切なのではないでしょうか。
 
 
あなたを守れる一番の味方はあなた自身なので、これらの対処法を参考にして穏やかな社会人生活を送ることを願っています。
 

スポンサーリンク