職場の人間関係で孤立職場は、限られた空間の中で限られた人たちと1日の大半を過ごす場所なので、どうしても人間関係の問題にぶつかってしまうことが多いものです。
 
 
自分は職場の中で孤立している・・・と感じ人間関係に疲れたと職場が嫌になる方が最近は多くなってきています。

スポンサーリンク

職場で孤立してしまうと常に気持ちが不安に支配されてしまい、そんな不安が悪化するとうつの原因になって心身の健康が損なわれてしまいますし、仕事の業務にも支障が出てしまいます。
 
 
ここでは職場の人間関係で孤立してしまう人の特徴と、孤立から復帰する方法をご紹介しますので、悩んでいたり不安に思っている方は参考にしてみて下さい。

場の空気が読めない

空気が読めないその場の空気が読めないことが原因で、職場の人間関係で孤立してしまうというケースは少なくありません!
 
 
会社で働くということは、上司や同僚や部下といった人たちと力を合わせて協力する必要があり、そんな相手の立場を考えながらスムーズに仕事を進めるためには、コミュニケーションをしっかりとることが大切になります。
 
 
コミュニケーションをとる時も、ただ自分がしたいようにするのではなく、その時その時の職場で流れている空気を的確に読んで行動することが重要なのです。
 
 
例えば「今は仕事に集中して取り組む時だな」とか「今はちょっと休憩しても大丈夫かな」といった、周囲の人が考えているであろうことやその時の状況を見極めて、それらのニーズに合わせた働きを実践してみると孤立を防ぐことに繋がります。
 
 
人はつい自分のことにばかり目が行ってしまいがちですが、時々周りの様子を伺ったり観察する癖をつけておくと、こまめに場の空気を読めるようになるので実践してみて下さい。

協調性がない

飲み会仕事以外で職場の人たちと過ごす場として代表的なのは飲み会ですが、「協調性がない人」という印象を周囲に持たれたことで職場の人間関係で孤立してしまっている人は、この飲み会に参加していないことが意外と多いのです。
 
 
「仕事以外の時間まで会社に拘束されたくない」と思うのは自然なことですし、面倒だなと思うのも当然ではありますが、会社の飲み会は、たまに出席してみると意外な新しい発見をすることが出来るものです。
 
 
例えば仕事中はとても無口で近寄りがたい雰囲気なのに、お酒が入ると陽気になって面白い人だった・・・とか、仕事ではいつも怒ってばかりの印象だったけど、何事にも一生懸命なだけで実は仕事に対して熱い想いを持っている人だった・・・などなど、飲み会に参加しなければわからなかったことを発見出来たりします。
 
 
人は、相手の気持ちを知ると親近感が湧くものですし、仕事も人と人との関係性が良くも悪くも一番影響するものなのです!
 
 
飲み会を全てパスするのではなく、たまには参加してみると「あの人は協調性がない人だと思っていたけれど、そうでもないのかもしれない」と、あなたが孤立している人であるというイメージが払拭されるかもしれないので、是非参加してみて下さい。

人を頼らない

人を頼らない周囲の人に頼らずに、何もかも自分だけで仕事を完結してしまう人も、職場の人間関係で孤立しやすい特徴があります。
 
 
自分1人で何でも出来ると思っている人は、基本的に自分は周囲の人間よりも優秀であると思っている場合が多く、事実その通りである場合もあるのですが、そんな考えが自分を職場で周囲から孤立させてしまう原因となっていたりするわけなのです。
 
 
仕事でも何でもそうですが、人は自分が思っているよりも強い生き物ではありませんし、仕事も全てを自分の力だけで出来ている訳ではなく、例えばその仕事の準備をした人や仕上げをする人などの一見、表に見えない立ち位置にいる人たちの力があるおかげで成り立っているものです。
 
 
なので、たまには人を頼ることも大切なことだということをぜひ、覚えておいてほしいと思うのです。
 
 
頼られると相手も悪い気はしませんし、意外と嬉しいものなので、自分だけでなく周囲にも敬意を払い、お互いに助け合って仕事が出来れば、孤立しないような人間関係を築くことができるのです。

スポンサーリンク

人を助けない

人を助けない「人を頼らない」と正反対ではありますが、「人を助けない」という行動も職場の人間関係においては孤立に繋がってしまう場合がありますし、人間関係というのは言ってみれば「ギブ&テイク」であり、お互いに相手が困った時には力を貸すことが非常に大切になって来ます。
 
 
仕事は自分1人で出来るものではないので周囲の協力が必要になるのと同様に、同僚や部下が1人で頑張っていたら、こちらから手を差し伸べてあげる必要があります。
 
 
向こうから「手伝って欲しい」とお願いされたら、自分の仕事がいっぱいいっぱいだったり納期が迫っていて忙しいなどの難しい状況に無い限りは助けてあげて下さい。
 
 
手伝う余力があるのに、「今忙しいから」とか「それは自分がやるべきことじゃないから」などと断ることはくれぐれもしないように心がけなければなりません!
 
 
いざ自分が困ったり手伝って欲しい側になった時に誰も助けてくれない・・・ということになってしまうので、相手の様子や状況を見たり、直接お願いされた時には協力するようにして下さい。

冷たい態度になっている

冷たい態度人は、相手に冷たい態度をとられたり、冷たい言い方をされてしまうと嫌な気持ちになるものですが、その冷たい態度や言い方をした本人は意外とその自覚がなかったりします。
 
 
仕事が忙しくてイライラしていたり、嫌なことがあって気分が落ち込んでいる時に話しかけられると、それに対する反応がつい冷たくなってしまうのは無理も無いことではありますが、そんな冷たい対応が続いてしまうと「あの人は冷たい人だ」というイメージが定着して職場の人間関係で孤立してしまうことがあるのです。
 
 
周囲から「冷たい人」とレッテルを貼られてしまう人には、嫌な気持ちを外に出さずに心の中に溜め込んでしまいがちという特徴があることが多いです。
 
 
マイナスな感情を言葉などで表に表さずに、自分の心の中だけに閉じ込めてしまうので、周りからはあなたの印象が「何を考えているかわからない」となってしまうのです。
 
 
たまには気持ちや考えていることを言葉にすることが大切で、例えば「今日の仕事は多くてハードだなあ」などと何気なく一言発すれば「そうそう!今日の仕事は多くて大変だよね」と周囲との会話に発展しやすくなり、「何を考えているかわからない人」という印象は薄くなるはずなので、時には気持ちを言葉にしてみることをお勧めします。

自己主張しすぎている

自己主張職場の人間関係で孤立している人は、口数が少なかったり無口なタイプだけではなく、逆に自己主張が激しすぎるタイプも孤立の原因になっているケースがあります。
 
 
仕事をする上ではよく喋ることや、相手に話しかけることは必要ですが、周りの立場や状況を顧みずに行ってしまうと逆効果となってしまうので注意が必要です。
 
 
自分のことを認めて欲しいという気持ちは「承認欲求」と言いますが、この承認欲求が強くなってしまうと自慢話が多くなったり、「認めて欲しい」という気持ちから上から目線でものを言う傾向がとても強いのです。
 
 
会話していても自慢話ばかりだったり、いつも上から目線な態度や言い方をされ続けていては、相手はあなたと会話することを苦痛に感じるようになってしまうので、「自分ばかり話しているな」と少しでも感じたら、相手の話を促したり、相手に質問をしてみるなどの対応をとってみることを心がけてみて下さい。
 
 
承認欲求は誰もが持っている欲求ですし、主張のしすぎを自分自身で気づくのは少し難しいことではありますが、会話中の自分を客観的にみるようにして下さい。

孤立から復帰する方法

孤立から復帰職場の人間関係において孤立している状況が、今現在あるのであれば次にお伝えする方法でぜひ、輪の中に入り仕事が円滑に進められるようにしてみて下さい。

コミュニケーションをきちんととる

仕事は自分だけで行う訳ではなく、上司や同僚、部下などの周囲の人たちと力を合わせて行うものなので、きちんとコミュニケーションをとることがとても重要ですし、コミュニケーションが無ければ良い仕事は出来ないものです。
 
しかしコミュニケーションをとるのが面倒だからという理由で、メールなどで連絡をして説明をしたつもりになっていると、その後に誤解が生じてしまい、その結果仕事の大きなミスとなる可能性も高くなってしまいます。
 
そして仕事のミスになるだけでなく、このことをきっかけにして相手からの信頼も失いやすくなって孤立してしまう・・・といった事態にもなり兼ねないので、相手と直接会って話をすることがコミュニケーションを上手にとるコツとなります。
 
仕事上の話だけでなく、休憩時間などのちょっとした他愛もない雑談をすることも立派なコミュニケーションの1つなので、是非積極的に周囲とコミュニケーションをとって行くことを心がけてみて下さい。

相手のレベルに合わせる

良くも悪くも、周囲から目立ってしまうことが職場での孤立に繋がる場合があります。
 
例えば職場がとても忙しくてバタバタしていて、みんなが一生懸命に働いているのに、そんな時にミスを連発してしまったり仕事をなかなか覚えられずにモタモタしてしまうと、周囲から浮いて孤立する原因となってしまいます。
 
反対にのんびりとした雰囲気の社内で、あなた1人だけがピリピリとしていて神経質な言動をしたり、張り切って周囲の人たちにも自分と同じように動いて貰おうとすると、敬遠されてしまう恐れがあります。
 
休憩時間やランチタイムでみんなで楽しく盛り上がるような他愛もないおしゃべりに参加しないことで、周りから「あの人はお高くとまっている」という印象を持たれて孤立してしまう場合もあります。
 
仕事の時も休憩時もある程度、周りのレベルに合わせることで孤立を防げるので、自分1人で突っ走らずに浮かない程度に適度に相手のレベルに合わせることも大切になるわけです。

相手の気持ちを考える

職場での孤立を防ぐには、相手の気持ちを考えることがとても重要なのです!
 
孤立しがちな人というのは、常に不安を抱えていることが多く、相手の気持ちまで考える余裕が無い場合がなかったりします。
 
ただでさえ自分のことだけで頭がいっぱいいっぱいだと思いますが、出来るだけ相手の気持ちを考える機会を増やしてみるように心がけてみて下さい。
 
相手の気持ちを考えると言っても難しく捉えずに、「自分がされたら嫌なことはしない」といった基本的なことを実践してみると良いと思います。
 
その後少し心に余裕が持てるようになったら「もし自分だったら、こんなことをして貰えたら嬉しいし、助かるな」というようなことを相手にしてあげるようにするのが望ましいです。
 
相手が仕事で忙しい時に気の利いたことをしてあげられれば、あなたは「職場になくてはならない存在」となって孤立から解放されるようになるので、相手の気持ちを考えて行動するように心がけてみて下さい。

相手の立場で行動する

相手の立場になって行動してみることで、職場での孤立を防ぐことに繋がる場合もあります。
 
大人になると、子供とは違っていちいち「ああして欲しい」とか「こうして欲しい」とは言わなくなりますし簡単には言いづらくなるものですが、相手の立場になって行動してみることでそれらがわかることもあるのです。
 
仕事をする上では、誰かから指示があるまで何もしないなどの受け身でいることは歓迎されませんし、そんなスタンスでは孤立状態が更に悪化してしまう恐れがあります。
 
まず自分が相手の立場になって行動することで、相手が自分に求めていることや考えていることなどが見えてくる可能性が高くなります。
 
受け身のままでいるのではなく、自分からアクションを起こすことを増やしていくと、周りから「この人は頼りになるし心強い!」と頼られる存在となって孤立から解放されやすくなっていきますので、是非積極的に相手の立場になって行動してみるようにしてみて下さい。

雑談に積極的に参加する

職場で孤立している状況から復帰するためには、仕事の上でのコミュニケーションだけではなく、ランチタイムなどの休憩時間にする雑談も大切にするのがいいのです。
 
言葉は良くないかもしれませんが「くだらない話」をすることが意外と重要なポイントで、そんなくだらない話をみんなでして盛り上がり、大笑いするだけでスッキリ晴れ晴れしい気持ちになれるのです。
 
もし話しをするのが苦手であれば聞き役に徹してもOKなので、ずっと会話を聞いていても良いですし、時々相手に質問をしてみると更に良いと思います。
 
質問をされた相手は、それだけで気分良く話が出来て捗りやすくなるため、聞いているだけでも嬉しいものなのです。
 
話をすることが苦手であっても、「今日は暑いね」とか「寒いね」といった、天気などの話を少ししてみるだけでも会話にはずむこともあるので、思い切って自分から切り出してみるようにしてみて下さい。
 
「雑談に参加する=面白い話を沢山話す」ということだけではなく、相手の話に耳を傾けるということも立派なコミュニケーションなので自信を持って臨んでみることをお勧めします。

気にしない心を持つ

職場の人間関係で孤立していて悩んでいるのは確かに不安なことではありますが、別の角度から見れば「無理に孤立を解消しなくても良い」ということにもなります。
 
孤立していることが悪いことかと言えばそうとも言い切れませんし、人によっては「大勢で群れているよりも1人でいる一匹狼の方が気持ちがラク」だと考えている人もいるのではないでしょうか?
 
しかしそうは言っても多くの人は、誰かと一緒にいる方が安心すると感じることが多いため、孤立しないように常に相手に配慮したり立場を考えて行動することが大切ではあります。
 
孤立していてもそうでなくても会社は基本的に仕事をする場所であり、必要以上に孤立を気にしたり考えすぎて仕事が進まなくなっては大変なので、自分がこなすべき仕事を確実に行うことを1番に心がけて実践するようにすると、案外それが孤立から復帰するための近道だったりする場合もあります。
 
ドンと構えていることで思っていたよりも簡単に孤立の解消に繋がることもあるため、まずは気にしない心を持つことを心がけてみて下さい。

まとめ

職場での人間関係で孤立してしまう人の特徴と、孤立から復帰する方法を様々なケースからご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
 
 
仕事は人とのコミュニケーションが無ければ成り立たないものであると同時に、そのコミュニケーションの仕方によっては人間関係のこじれや孤立などの問題も生まれてしまう可能性があります。
 
 
なかなか難しいものではありますが、これらのケースに自分を当てはめてみることで、少しでも職場の人間関係で孤立している状況から抜け出せたらと願っています。
 

スポンサーリンク