仕事を辞めたい生活のためには収入を得る必要があり、収入を得るためには仕事をする必要があるのは誰もがわかっていることではありますが、その仕事内容や会社のさまざまな要因によって仕事を辞めたいと思う人が結構、多いのも現代の特徴だったりします。
 
 
人によって考えや意見が違うのと同様に、仕事を辞めたいと思う理由も人それぞれで違っていたりします。

スポンサーリンク

仕事を辞めたいと思うのにはどんな理由があるのか?仕事を辞めたいのに言えない理由には何が原因だと考えられるのか?そんな方々についてご紹介していきたいと思います。
 
 
また、仕事を辞めたいと思った時に会社をうまく辞めるにはどんな方法があるのかなど、さまざまな方法についてご説明しますので、ご自分のケースと当てはめて是非参考にしてみて下さい。

仕事辞めたい病とは?

働いていますと必ずと言っていいほど「仕事を辞めたい」と思ったり愚痴として言葉にしたことがあると思います。
 
 
たとえば会社の同僚と顔を合わせる度に、「もう辞めたくて仕方ないんだけど~」などと挨拶のように交わすなどの、本当はそこまで本気ではないけれどもそう言ったり思ったりすることで、自分の気持ちをリセットしているというケースも多々あります。
 
 
しかし中にはそんな愚痴や冗談というレベルではなく、本気で仕事を辞めたいと思っている人もいて、そんな人たちはほとんどの場合「仕事辞めたい病」にかかっていることが多いです。
 
 
「仕事辞めたい病」とは、その言葉通り仕事を辞めたいと思っているけれど、「辞めた後の生活はどうなるのか」「再就職先はきちんと決まるのか」「新しい職場でうまくやっていけるのか」などの問題が大きな壁となり、それらをなかなか乗り越えられない結果、今の仕事を辞められずに続けざるを得ない状態のことを言います。
 
 
辞めたい気持ちと、現実的に考えて転職は難しいのではと思う気持ちが延々とせめぎ合い、前に進むことが出来ずその場に留まっているため、今の仕事のモチベーションが下がってしまって効率が悪くなっていたりします。
 
 
そしてうまく成果を上げられないので上司からの評価も下がってしまうという、悪循環に陥ってしまうのです。
 
 
「仕事を辞めたい」と思うこと自体は簡単ですが、いざ実際に転職のために行動するとなると、さまざまな問題が立ちはだかります。
 
 
でもずっと「仕事辞めたい病」を患っていると、いずれ「うつ病」に繋がってしまう恐れもありますので、悩んでいる人は自分がなぜ仕事を辞めたいと思っているのか、その理由などを一度省みてみることをお勧めします。

スポンサーリンク

仕事を辞めたい理由

仕事を辞めたい!と思う方々は、主に次のような理由が原因になっているようです!

職場の人間関係

退職理由の中でもダントツで多いのが、職場の人間関係による理由が挙げられます。
 
仕事の内容や待遇などには満足しているのに、上司や同僚と相性が悪いなどで常にストレスを抱えていて、それが退職に追い込まれてしまうほど心身に大きな影響を及ぼしてしまうというのは、やり甲斐のある仕事をしている場合は特にもったいないことだと思います。
 
しかし仕事は職種などにもよりますが、ほとんどの場合1日の多くの時間を費やすものなので、上司や同僚といった職場で会う人間と過ごす時間も、同じくとても長いものとなります。
 
そして仕事をする上では全く接触しないわけには行きませんので、何かしらで接する度に態度が悪いなどと怒鳴られたり、女性の多い職場であれば陰口を叩かれるといったことが同じ空間の中で繰り広げられるとなると、やはりその影響は大きいものとなってしまいます。
 
自分がいくら仕事を一生懸命にこなして会社に貢献していたとしても、人間関係が悪いと待遇に反映されずに恵まれない扱いを受けてしまうということもあるので、仕事を辞めたいと思う方がいらっしゃるわけなのです。

給与が低い

仕事を辞めたいと思う理由のランキングをみていると、必ずと言っていいほど上位にランクインするのが「給与が低い」という理由です。
 
多くの場合、残業手当が出ないとか通勤手当の金額がとても低いとか、何年も会社に在籍しているのに昇給が無いとか、ボーナスはあるけれども毎年受け取る額が減っているなどといったケースが挙げられます。
 
最近は低賃金で社員や従業員を酷使する会社のニュースをよく見聞きしますが、自分は会社に身を捧げているような状態で働いているのに、その働きに見合った額の給与がもらえていないということも多く、このままの給与や年収では到底生活していけない、将来的に見て会社に不安がある・・・と感じる人も多いのが現実です。
 
給与が低いというだけでなく、アパレル関係の職種であれば自社ブランドの服を買うことが義務付けられていたり、ノルマとなっていることもあり、手元に残るお金がとても少なくなるというケースもあります。

労働時間が長い

世の中には「ワーク・ライフ・バランス」という言葉があり、「仕事と生活の調和」という意味なのですが、仕事をし過ぎて私生活に大きな悪影響を及ぼし、最悪の場合に命を落としてしまうというケースが多く報告されるようになったために、世に広く知られるようになった言葉でもあります。
 
実際に、労働基準法を無視してはるかに膨大な労働時間や残業時間を強制し、従業員を精神的に追い込んだ大企業について、大きく報道されたことを覚えている人も多いと思います。
 
人間関係や給与の低さなどと比べると、時間についての悩みは軽いものとして見られがちですが、「ワーク・ライフ・バランス」が崩されることで、家庭の問題や健康の問題に大きく影響しますので、労働時間の長さに不安や不満がある場合も、仕事を辞めたいという理由の上位になっているのです。
 
実働時間だけではなく、往復の通勤時間の長さも「労働時間が長い」という理由に含まれますので、長時間労働によって私生活などに悪影響が出ていると感じているのであれば、転職することを考えるのも決して悪いことではありません。

仕事の内容がつまらない

仕事は1日の中で多くの時間を費やすため、仕事の内容がつまらないと苦痛に感じやすいですし、やり甲斐を感じないまま仕事をしていると「こんなことをしていて良いのか」と焦ってしまうこともあります。
 
仕事は趣味や遊びなどとは違って、基本的には自分のやりたいことと直結していないことが多いですが、その仕事内容に対する不満や悩みのレベルが自分にとって、どうにもならない状況ですと仕事を辞めたいという気持ちになってしまうようです。
 
たとえば「今の仕事は自分にとってどうしても向いていないと感じているので、毎日が苦痛で仕方がない」とか「この業務だけは何が何でもやりたくない」など、自分の能力と合わない、相性が悪いと強く感じることが仕事をする上での満足度ややり甲斐といった、プラスのものよりも大きく上回っているケースです。
 
我慢して仕事をしていると、精神的にも肉体的にも悪い影響が出てしまう可能性もありますので、そういった場合は自分に合った仕事内容の職種を選ぶことがいいのかもしれません。

頑張っても評価されない

毎日毎日一生懸命に仕事に取り組み、成果に繋がったり自分でも頑張っているなと感じていても、それに対する評価が明らかに正当ではないことが続いてしまうと、誰だって仕事に取り組む意欲が下がってしまいます。
 
そういうことが積もり積もって仕事を辞めたいと思う原因となることも多いわけなのです。
 
頑張っても評価されない原因の多くは、相性の悪い上司などからのパワハラやセクハラといった、人間関係のこじれから来ていることが多かったりします。
 
努力して取り組んでいても評価されない自分のような人間がいる一方で、肝心の仕事よりも媚びることに長けている人間ばかりが出世して行くのを見ると、自分の頑張りや存在までも否定されているような気持ちになってしまいます。
 
わがままなどから来る自分勝手な勘違いや被害妄想などではなく、明らかに頑張りが評価されていないことを感じてしまうと仕事を辞めたいと思ってしまうのも不思議なことではないような気がします。

仕事でうつ病になるケース

うつ病は「脳が疲れることから起こる気分の病気」と言われていて、主な症状としては憂鬱な気分が何週間も続いたり、以前は楽しめていた趣味や好きなことを行なっても楽しめなくなってしまった状態などが挙げられます。
 
このような状況が続いてしまうことによって仕事を辞めたいというような気持ちが強くなってしまうわけなのです。
 
そんな状態が長期間続くことで、日常生活や仕事に支障が出始め、最悪の場合は自ら命を絶ってしまうことにもなり兼ねないので、油断出来ない病気なのです。
 
うつ病になりやすい人は真面目で責任感が強く、無理して頑張ってしまいがちなタイプに多いと言われていますが、強いストレスを伴う環境にずっと置かれてしまうと誰もが発症する可能性があります。
 
仕事で極度のストレスや緊張を強いられることが多かったりすると、だんだんと気持ちが不安定になって、以前のようにうまく仕事が進まなくなったりミスが増え、そのことでさらに自分を責めてまたさらに気持ちが不安定になり・・・の悪循環に陥り、うつ病を患ってしまうのです。
 
周囲だけでなく、本人でさえも自分がうつ病にかかっていることを自覚しにくいのがこの病気の問題点ですが、早い時期から治療を始めることが重要なので、出来るだけ早く自覚したり周囲が声をかけて気づかせるなどして、お医者さんに相談することが重要なのです。

仕事を辞めたいのに言えない理由

仕事を辞めたいと思っていても次のようなことが理由となって言い出せない方が多いようです。

辞めた後のことが決まっていない

仕事を辞めたいと思っているのに、なぜ言えないのかという理由の1つとして「辞めた後のことが決まっていない」ということが挙げられます。
 
今の仕事を辞めたいと思っているけれど、実際に辞めた後に新しい仕事を始める目処が立っていないなどの、全くの白紙状態だと辞める一歩を踏み出せないのは当然のことです。
 
どうしても今すぐ辞めないと心身に悪影響が出てしまうなどの、よっぽどの緊急性が感じられない状況であるのなら、転職先が見つかってから退職に移るのが望ましいです。
 
それに在職中の転職活動は、退職してから行うよりも経済的な心配をせず余裕を持って出来ますし、自分に合った会社を時間をかけてじっくりと探すことが出来ますので、なるべく新しい仕事を見つけてから現在の仕事を辞めることがベストな選択だといえるのです。

上司が怖い

仕事を辞めたいとなかなか言えない理由の中に、「上司が怖い」というものも挙げられます。
 
辞めたいなどと言おうものなら、「雇ってもらったくせに自分から辞めるなんて恩知らずな奴だ」とか「世の中を甘く見ていては転職は出来ない」などとさまざまな言葉を駆使して、口やかましく言って来る上司は多いものです。
 
なぜそんなにうるさく言って来るのかというと、上司は心配して言っているわけではなく、部下に辞められてしまうことで自分の評価が下がったりするなどの、自分の利益に影響が出るのを避けたいからそういった行動をとるのです。
 
もちろん世の中には親身になって部下の進退を考えてくれる上司もいますが、そのような人は「仕事を辞めたい」と言われても罵詈雑言を浴びせかけるようなことは最初からしないものです。
 
怒ってくる上司が怖いからと言って言いなりになるのではなく、自分自身の問題なのですから思いきって「辞めたい」と伝ええる勇気が必要なのです。

新しい仕事がうまくいくか不安

次の仕事を見つけてから現在の仕事を辞めるのが、経済的にも心理的にも余裕を持てるので、とても大切なことになります。
 
しかしその新しい仕事先で、果たして自分はうまくやっていけるのかと不安になり、わざわざ何もかもゼロの状態からまたスタートしなくても、環境などに慣れた今の仕事を辞めずに続けた方が良いのかもしれない・・・と思って、現在の仕事を辞められずにいる人もいます。
 
新しい仕事は今よりも大変かもしれない、人間関係が今の職場よりももっと悪いところかもしれない・・・など、未知の世界への不安は一度持ってしまうとなかなか消えることはありません。
 
実際にやってみないとわからないことに不安ばかりが募ってしまうのであれば、今の仕事を辞めるタイミングではないのかもしれないので、無理に転職することは避けるのが望ましいです。

現在の生活を捨てられない

仕事を辞めたい理由の1つとして、「現在の生活を捨てられない」ということも挙げられます。
 
人間は現在自分が置かれている状況が同じように続いていくことを好み、基本的に変化することを嫌う生き物なので、慣れないことを行う時などはなかなか腰が上がらなかったり、「これをやることで悪い方向に事態が進んだらどうしよう」などと必要以上に不安になってしまうものです。
 
今の仕事を辞めて新しい仕事をしようと考えた時、その両方を心の中で天秤にかけてみて、自分はどちらの状態でいることを望んでいるのかをじっくり考えてみることをお勧めします。
 
仕事でも何でも、何か新しいことをしようとすると多少の痛みは伴うものなので、しっかり考えた末にやはり現在の生活を捨てられないと思うのであれば、転職は見送る方向で考えるのが望ましいと思います。

会社に迷惑がかかる

「会社に迷惑がかかる」というのも、仕事を辞めたいのに言えない理由の1つとして挙げられます。
 
自分が辞めることで周囲に負担がかかってしまうのではないか、同僚に申し訳ないなどの気持ちになるのは当たり前のことではありますが、誰が辞めるにしても会社に影響が出るのは避けられないことと割り切ることも大切です。
 
会社や同僚に迷惑を全くかけずに辞められる人はいませんので、あまりそのことを気にしすぎて身動き出来なくなってしまうのは本末転倒です。
 
辞める決意はしっかり固めておいて、会社が忙しい繁忙期に辞めるのは避けるといった工夫をしたり、仕事内容の引き継ぎをきちんと行って、出来るだけ後の人にかかる負担を少なくすることに力を注ぐように心がけてみて下さい。

人手が足りない

仕事を辞めたいのに言えない理由として、「人手が足りない」というものも挙げられます。
 
辞めたい旨を伝えると、「人手が足りないから辞められると困る」などと上司から言われてしまうケースは意外と多いものです。
 
そう言われてしまうと、辞めようとしている自分が悪者のように感じてしまいますが、誰かが辞めることで大きな影響が出てしまうような職場を作った原因は、はっきり言ってしまえば経営している側にあるのです。
 
それなのに、そのことを従業員に責任転嫁して責めるのはお門違いもいいところですし、そんな考えで経営されている会社にいつまでも属していてもいいように使われるのが関の山です!
 
仕事を辞めることを伝える際は、仮に悪者扱いされてしまっても気にせずに自分の意志を貫き通すことをお勧めします。

会社をうまく辞める方法とは?

いろいろな理由によって会社を辞めたいという気持ちになってしまうわけですが、できれば円満に会社を辞めることにこしたことはありません!
 
 
そこで会社をうまく辞める方法についてご紹介したいと思います。

やりたい夢を語る

会社には良いこともそうでないことも全部含めてお世話になって来たのですから、出来るだけ円満に辞められるようにしたいものです。
 
嫌な思いをたくさんしたり、数え切れないほど苦労したという自負がある時ほど、「喧嘩別れのようになってもいい」「どうせ辞めてしまえばもう一生縁が無い会社だ」などと思ってしまいがちです。
 
しかし世の中は意外と狭いもので、いつかどこかでバッタリ会社の人と会ったり、仕事でまた関係が繋がる可能性もありますので、うまく辞めるに越したことはありません。
 
そこで会社をうまく辞める方法として、「やりたい夢を語る」というのがよい方法だったりします。
 
ずっと前から自分はこういうことをやりたかったという夢を語ることで、仕事を辞める理由として周囲に認識してもらう方法は、角が立たず正当に受け取られやすいのです。
 
ポイントとしては、実際にやりたいと思っていた夢なので、その話す内容は具体的でなければいけませんし、真剣さも併せて辞める必要性を話さなければならないので、適当に語ったり全くの嘘であっては成り立たないので注意が必要です。

親の介護を理由にする

周囲に文句などの有無を言わさずに円満に退職出来る王道的な理由として、親の介護や家族の看病というものが挙げられます。
 
ここ数年で特に高齢になった親の介護をするために仕事を辞めざるを得ない、いわゆる「介護離職」を理由にして退職する人は実際に増えているのが現状です。
 
病気の家族の看病や、親の介護となれば、退職も仕方のないことと受け取られることが多いので、この理由を挙げればほぼ円満に仕事を辞められる可能性が高いのです。
 
ただし一部の大手企業などでは、介護離職対策を徹底していることもあり、現在の部署よりも負担の少ない職種などへの移動を勧められる場合もありますので、親の介護を理由に仕事を辞めることを考えている人は、一度ご自身が勤めている会社が設けている制度などを確認しておくことをお勧めします。

うつ病にかかったことを理由にする

病気が理由であれば円満に仕事を辞めやすいですし、最近ではうつ病は仕事を辞める原因になる病気として世間的にも理解されている傾向がありますので、職場でもすんなりと理解してもらえる可能性が高いです。
 
ただ辞める理由として「うつ病なので」とはっきり言うよりも、「体を壊して治る見通しが立たなくて・・・」とか「精神的に限界が来てしまって・・・」などの言い回しで、具体的な病名は出さなくても「うつ」状態にあることをどことなく匂わせる伝え方をするのが望ましいです。
 
社会的に認識や理解がされつつある「うつ病」ですが、はっきりとその病名を退職理由として挙げてしまうと、その後の実際に退職する日までの周囲の目や気遣いがあからさまなものとなって、却って自分に負担がかかりやすくなるからです。
 
そして嘘の理由として使うことは避けるべきで、うつ病はすぐに治るような病気ではありませんし、「普段元気なのにこう見えて実はうつ病なんです」と言われても疑いにくいものです。
 
万が一嘘がバレてしまうと、その後の本当にうつ病で苦しんでいる人が仕事を辞めにくくなってしまいますので、偽ることはしないようにして下さい。

理由を告げずに辞める

退職届に「一身上の都合により・・・」と書くのが一般的であるように、仕事を辞める時の理由をアレコレと具体的に言わなければならないということはありませんし、会社が引き止める権利なども無いため、基本的に理由の有る無しに関わらず仕事を辞めることは出来ます。
 
しかしそれとはまた別に、退職届も一切出さず、そして何も言わずに黙って職場から姿を消すというような辞め方は、社会人としてマナー違反の行為ですし、何よりも人としてやってはいけないことだと思います。
 
嫌なことや大変なことばかりだった職場を辞める時などは、一刻も早く立ち去りたいでしょうし、上司などと顔も合わせたくないかもしれませんが、辞める際の段取りをきちんと行わないとお互いに気分も良くないですし、いつかバッタリと会ったり仕事でまた繋がる可能性もあります。
 
仕事を辞めることを告げる時、たとえ何を言われてもその時は耐え、退職の意志をしっかりと伝えて正しい段取りをこなせば、その後は精神的にとても楽になりますので、理由を告げずに辞めることは出来るだけ避けるようにして下さい。

転職がうまくいって辞める

引き止められることもなく、仕事を辞めることをスムーズに了承されやすいのが、「転職がうまくいって辞める」というものであり、キャリアアップのためにとか、以前から興味があったなどの理由で転職するケースは実際に多いです。
 
もしも実際はまだ次の仕事が決まっていなかったとしても、ほとんどの場合嘘がバレるという可能性は少ないですが、嘘としてこの理由を使うのであれば、極力余計なことは言わないようにすることをお勧めします。
 
なぜかと言うと、転職先はどんな業務内容なのか、どこの場所にあるのかといった細かい情報をアレコレと話しすぎてしまうと、事実とズレがあった場合などに突っ込まれて墓穴を掘ってしまう可能性があるからです。
 
最悪の場合嘘とバレてしまっては、どうしようもありませんので、本当はまだ次の仕事は決まっていないけれども「次の転職先が決まったから辞める」という理由を使う場合は、シンプルに「転職します」とだけ伝えるようにすることを心がけて下さい。

まとめ

仕事を辞めたい理由や、辞めたいのに言えない理由、会社をうまく辞める方法など、さまざまなケースを挙げてご紹介して来ましたが、いかがでしたでしょうか?
 
 
仕事を辞めるために気力や体力も消耗してしまうのは仕方のないことではありますが、うつ病など重大な状況に陥る前に、自分の心と体を守るため、会社と自分の両者にとっての問題を出来るだけ円満に解決出来るようにして行きたいものです。
 
 
いざ仕事を辞めようと思った時にすぐに行動出来るように、この記事を参考にしてぜひ頭の中でシミュレーションをしておくことをお勧めします。
 

スポンサーリンク