とうもろこしゆで時間
だんだん暑くなってきて、日中は汗ばむほどになってきましたね。
 
暑い夏が苦手だなぁ・・・という方も多いと思いますし、特に夏バテで毎年苦労をしているという方におススメしたいのがとうもろこしなんです!
 
 
夏バテの症状とは?原因を知り、この食べ物で防止しましょう!で紹介しました、夏バテ防止におすすめメニューのマーボーナスやマーボー豆腐、トマトの煮込みもいいのですが、とうもろこしも夏バテ防止に良いって知っていましたか??
 
 
私の家庭では夏には必ず母がとうもろこしをゆでてくれて、それを学校から帰ってきておやつ代わりに食べるのが大好きでした。

スポンサーリンク
 
 
簡単にゆでるだけのとうもろこしですが、とうもろこしはゆで時間で美味しさが変わるんです!レンジやフライパンで簡単調理する方法についてご紹介したいと思います

美味しいとうもろこしのゆで時間とは!

まずはこちらの動画をご覧ください。

 
 
動画内で紹介してあるように、とうもろこしのゆで方には2通りあります。
 
 
1つは、水から茹でるもの、もう1つは、お湯から茹でるもので、水から茹でるとジューシーでみずみずしい食感を味わう事ができ、お湯から茹でるとシャキシャキした食感を楽しむ事ができます。
 
 
ゆで時間はどちらも3~5分で、それ以上になると水を含みすぎてしまいべちゃべちゃした感じになってしまいます。
 
 
また、オススメのゆで時間は産地によっても異なるので産地を確認するとベストです。

スポンサーリンク

レンジやフライパンで簡単調理!

フライパン
暑い夏にとうもろこしをぐつぐつ茹でるのは…という方は、フライパンでの調理もオススメ。
 
 
皮をむき、ひげを取ったとうもろこしをフライパンに並べ、水を2~3センチ入れてフタをするだけ!
 
蒸気も出てこないので暑くはなりません。
 
 
3分ぐらいしたところで1度ひっくり返すとムラなく茹でる事ができます!
 
 
また、それでも暑い、とうもろこしの皮って固いし、ひげの処理とかめんどくさい!
 
そんな方にはレンジを使った簡単な方法がオススメ
 
 
なんと皮ごとレンジでチンするだけなんですね!
 
この方法だと、皮がラップの役割を果たしてくれ、中がスチーム状態になってよりふっくら、旨味も凝縮されるので好きという方も多いみたいです。
 
 
しかも温め終わったら根元を2センチほど切れば皮も簡単にむける!!!

もう固い皮と闘う必要はないですね。 
 

美味しいとうもろこしの選び方

美味しいとうもろこしの選び方
最近ではスーパーで皮付きのものがよく売られていますよね。
 
 
美味しいとうもろこしを選ぶポイントは、
 
・実がずっしり重い
 
・皮が濃く鮮やかな緑
 
・先端のひげが黒くなっていれば完熟(甘い)
 
・ひげがたくさんあるもの(ひげ1本1本が粒につながっている!)
 
・実がぎっしりつまっていて、ふっくらしている、大きさがそろっているです。
 
 
スーパーでとうもろこしを見つけたら是非このポイントをおさえて選んでみてください!
 
 
また、購入後はなるべく早く食べると甘さと栄養を損ないません。すぐに食べない場合はゆでてからラップで冷蔵か、粒を全てはずして冷凍がオススメです。
 
 
やむを得ず生で保存したいときは、皮がついたまま20~30分氷水に浸したあと濡れ新聞をかぶせてビニール袋で密閉、野菜室に立てて保存すると良いです。
 
 

とうもろこしってほんとに夏バテに効くの?

とうもろこし
とうもろこしは実は「穀物」の一種で米と同じ部類に分類されます。
 
 
その実、1つ1つに栄養分が豊富に含まれている事から「栄養素の宝庫」とも呼ばれます。
 
 
夏バテには利尿作用があり、筋肉の収縮をスムーズにしてくれるカリウム、汗をかくと流れていってしまうミネラル、疲労回復作用のあるビタミンやアルギニンが良いとされています。
 
 
そしてとうもろこしこのカリウム、ミネラル、ビタミン、アルギニンを多く含んでいる食材なのです。
 
 
また、エネルギーの源となる炭水化物(糖質)、必須脂肪酸の1つで中性脂肪を抑えてくれるリノール酸、腸をキレイにしてくれる食物繊維など栄養素たっぷりの食材です。
 
 
ゆでとうもろこしだけでなく暑い日には冷製コーンスープなんかもいいですね。
 

とうもろこしはダイエットにも最適!?

とうもろこしの栄養は先述した通り豊富です。
 
 
食物繊維は便秘解消、カリウムはむくみ防止、リノール酸はコレステロール低減、リンは骨を丈夫にしてくます。
 
 
また、とうもろこしがもつでんぷんはレジスタントスターチと呼ばれる消化されにくいでんぷん。これも食物繊維と同じような働きをしてくれます。
 
 
糖質制限をしている人は気になる糖質。とうもろこしの糖質はでんぷんなので最終的にはブドウ糖となり、吸収がゆるやかな糖質なのです。
 
 
糖質制限では血糖値がいきなり上げてしまう糖質は敵ですが糖質は糖質でも、とうもろこしの糖質はあなたの味方かもしれませんね。
 

まとめ

 
とうもろこしは、夏バテや美容にも良い食べ物です!美味しく食べるにはゆで時間がポイントですからぜひ参考にして下さいね
 
 
年々暑さが厳しくなってきている夏ですからクーラー代もバカにならないですし、環境の事も考えたい。そんな方にはぜひとうもろこしをオススメします!フライパンやレンジで簡単に調理できますから、美味しくとうもろこしを召し上がってください
 
 
夏バテでお仕事や勉強に支障が出ないよう、栄養たっぷりのとうもろこしを食べて厳しい夏を乗り越えましょう!

スポンサーリンク