鼻づまり鼻づまりになると鼻呼吸が苦しくしなるので、十分な睡眠がとれなくなってしまったり、頭がぼーっとして集中力も低下したりして本当になんとかしたい症状ですよね。
 
 
あとニオイも分からなくなってしまって食事も美味しくなくなりますから厄介極まりないですし、更に辛いのが外出先での鼻づまりではないでしょうか・・・

スポンサーリンク

そんな辛い鼻づまりを即効で治す解消法について、鼻が詰まる原因=メカニズムとともにご紹介していきたいと思いますので、なかなか眠れない夜が鼻づまりが原因で頻繁にある方はご参考下さい。

鼻づまりになってしまう原因=メカニズムとは?

鼻詰まりの原因については引き起こすメカニズムがあり、大きく分けますと2つに分類されるのですが、根本的に鼻腔(びこう)で空気の通り道が塞がれてしまうことで鼻が詰まった状態になってしまいます。

鼻粘膜の腫れによって鼻づまりになる原因

鼻粘膜の腫れについては、アレルギー症状や炎症によるものが主な原因になっています。
 
このとき鼻の奥にある粘膜が炎症を起こしていて血の循環が悪くなり鼻の中の毛細血管が太くなってしまっています。
 
この太くなってしまった毛細血管が鼻腔を狭くし空気の軌道をふせいでしまい鼻詰まりになってしまうのです。
 
鼻粘膜の腫れを引き起こしてしまう病気には下記のようなものがあります。

  • 鼻炎
  • アレルギー性鼻炎
  • 肥厚性鼻炎
  • 副鼻腔炎

また、鼻づまりを解消しようとして点鼻薬を使われる方もいらっしゃいますが、常用すると鼻粘膜の腫れを引き起こしてしまうこともあります。

鼻の構造によって鼻づまりになる原因

片方の鼻の穴だけ鼻詰まりになることがあるのですが、この場合には鼻の構造上で不具合が起こっていることが考えられます。

軟骨や骨により空気の通り道が狭ばまっている

鼻中隔弯曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)という病気が特に原因とされるのですが、鼻の中を左右に隔てている壁が大きく彎曲することで、空気の通りが悪くなり鼻づまりになってしまいます。
 
鼻中隔弯曲症の病気になりますと、鼻の軟骨が片側に飛び出るような状態になることが多く、片方の鼻の穴の空気の通りが悪くなってしまうわけなのです。

鼻腔にデキモノがある

鼻茸(はなたけ)という水ぶくれ状のデキモノができることによって、鼻詰まりを引き起こしてしまいます。
 
鼻茸は、副鼻腔の骨の中の粘膜や鼻粘膜が炎症によって粘膜が腫れることによって発症するのですが、投薬などでは完治することができず、手術によってやわらかく腫れあがった粘膜を除去していかなけらばなりません。

鼻咽喉の腫れ

咽頭扁桃(いんとうへんとう)=アデノイドという鼻とノドの間にあるリンパ組織が肥大することで、鼻詰まりの原因になることがあります。
 
ちなみにこの症状は、お子さん特有のものでだいたい3歳頃から5歳くらいまでにかけて大きくなり、それ以降は肥大したアデノイドは小さくなっていきます。
 
 
大人の場合ですとごく稀ですがガンを患うと、鼻咽喉が腫れることがありそれが原因で鼻が詰まる症状がでてきます。
 
 
疾患によって、鼻が詰まる状態になっている場合には、耳鼻咽喉科で診察をうけ適切な処置を施す必要がありますから注意して下さい。
 
 
では、鼻づまりを即効で解消する方法について詳しくお伝えしていきたいと思います。

部屋を理想的な湿度に保つ

なかなか眠れないような鼻づまりでは、まず部屋を理想的な湿度に保つようにすることが解消法の前にやってほしいことになります。
 
 
眠っている時の部屋の湿度が低いと口や鼻の粘膜が乾燥して、鼻づまりが起きやすくなってしまうからなのです!
 
 
部屋の湿度は40%~60%が理想的で、それ以下になると乾燥した空気を好むインフルエンザウイルスや風邪ウイルスが蔓延しやすい環境になってしまいます。
 
 
だからといって湿度を上げすぎて、60%を超えてくるとカビやダニが発生しやすくなってしまいますから、注意が必要です。
 
 
部屋が60%以上の湿度になった時には表面積の広い濡れたバスタオルを干したり、加湿器を置いて理想的な湿度を保つようにする必要があります。
 
 
大人の方の鼻づまりだけではなく、赤ちゃんが鼻づまりで苦しそうにしているときは特に部屋の湿度を40%~60%を保つことをして下さい。

スポンサーリンク

鼻を温める鼻づまり解消法

温かいタオル鼻を温めるのは局所温熱療法とも呼ばれるのですが、鼻づまりにはかなり効果のある方法になります。
 
 
鼻を温めることで鼻の粘膜の血流が促進され鼻孔が広がり鼻がとおるようになるのです。
 
 
蒸しタオルでやる方法がオススメですが、手間がかかりますので熱いお湯につけて絞っただけの温かいタオルでも充分に効果があります。
 
 
カイロを代用することでもいいのですが、鼻づまりの時は鼻がグスグスして気持ちが悪いですから、鼻を気持ち良くするという点からするとタオルのほうがいいですね。
 
 
まず温かいタオルを鼻の穴はふさがないように、鼻の付け根(眉間辺り)に当てて、タオルが冷めるまでそのままにしておきます。
 
 
タオルが冷めてきたら、再度お湯につけタオルを温めてからまた、鼻に当てます。
 
 
これを3回ほど行いますと鼻腔が広がり気道を確保することができ、鼻がとおってみるみる呼吸が楽になります。
 
 
鼻を温めるタオルに好きな香りのアロマオイルを少し垂らしてみることで更に気持ちが良くなり、リラックスもできますから眠れないような鼻づまりのときには合わせてお試し下さい。
 
 
この方法は、大人の方だけでなく赤ちゃんにも効果がありますからお母さんたちは、参考にしてみて下さい。

ペットボトルを脇に挟む

ペットボトルなんで脇の下なんだろうと思われるかもしれませんが、ペットボトルを脇に挟むことで脇の下にある自律神経を刺激し血管を収縮させて鼻の粘膜部分の腫れを改善してくれるのです!
 
 
やり方としては、鼻が詰まっている逆側のワキ、例えば右の鼻が詰まっているのであれば左の脇の下に500mlのペットボトルを挟むのです。
 
 
そしてギュッと脇を閉めて1分間程度しますと不思議と鼻がとおるようになってきます。
 
 
ペットボトルが一番適していますが、テニスボールなどでも代用は可能で鼻腔に空気の通り道を作ってくれるという効果が得られますから、ぜひ実践してみて下さい。

枕元に玉ねぎを置く

玉ねぎスライス普段玉ねぎを切るとツーンとして涙が出てしまうと思いますが、その成分は「硫化アリル」というのですが硫化アリルは、鼻づまりに効果を発揮するのです。
 
 
玉ねぎをそのままポンっと枕元に置くだけでは硫化アリルの効果は表れません。
 
 
玉ねぎを使って鼻づまりを解消させる方法ですが、まず玉ねぎをスライサーや包丁を使って薄くスライスし、スライスした玉ねぎを皿に入れあとは枕元に置いて寝るだけです。
 
 
この方法は、赤ちゃんやお子さんなどが寝てしまって鼻づまりで苦しそうにしているときにオススメです。
 
 
温かいタオルが一番効果的ではありますが、寝てしまって起こすのがかわいそうな赤ちゃんの鼻づまりに実践してもらいたい方法になります。

息を止めて頭を上下に振る

外出しているとき鼻づまりが辛くて即効で治したいという時にオススの方法で、息を止めて頭を上下に振る簡単な運動の鼻づまり解消法になります。
 
 
お仕事をされている方なら会社でできますし、学生の方なら学校でもできますから外にいて即効で鼻づまりを解消したいときには、ぜひ実践してみて下さい。

簡単鼻づまり解消法

  • 大きく息を吸って、吐く息がなくなるまでゆっくりと息を吐きます
  • 息を吐ききったら鼻をつまみ、上下にゆっくり頭を動かします。
    ※ひとつの動きに2秒くらいかけて、ゆっくりと行うようにして下さい
  • これを息が必要(苦しくなる)というところまで繰り返します。

 
こちらの動画を参考にしながら試してみて下さい。

これだけで鼻がスーとして、空気の通る感覚をわかるという不思議な方法です。
 
 
強制的に酸素不足の状態を作ることで、脳が体に酸素を取り入れるように指令を出すのですが、その際に鼻腔を広げてくれて鼻がスッキリとよく通るようになるのです。
 
 
ただ、鼻づまりを早く治したいからといって無理はしないようにして下さい!

鼻づまりを解消するツボ

外出先などでは、息を止めて頭を上下に振る運動が即効で鼻づまりを解消するのに一番な方法なのですが、人の目があるときは少し恥ずかしいと思います。
 
 
そこで人の目があったとしても恥ずかしくなくできる鼻のツボを押して鼻づまりを解消する方法をご紹介します。

鼻づまりを簡単に解消するツボ

  • 犬歯の歯茎と鼻の境目の硬い部分を人差し指で触って探します。
  • 骨のような部分なのですが押すとツーンという感覚がある部分になります。
  • その部分を結構、強めに押します。

 
効果がえられる部分を指で探すのがポイントになります
 
右側の部分を押すと左側の鼻がとおり、左側の部分を押しますと右側の鼻がとおるようになりますから、片側だけの鼻づまりならこちらの方法で治すのがいいかもしれません。
 

鼻うがいをする

鼻うがいは、鼻水が止まらないときの治し方としても有効ですが、鼻づまりがなかなか治らないときにも効果的な対処法になります。
 
 
鼻の穴の奥に詰まっている鼻水や膿のほかに、花粉やホコリなども洗い流すことができますから鼻腔を掃除して空気のとおりをよくするのには効果的な方法なんです。
 
 
鼻うがいは、水道水だと痛みを感じますから、鼻腔の体液の濃度とほぼ同一である食塩水を使用することをおすすめ致します。
 
 
気をつけなければいけないのが、食塩水の濃度が濃すぎますと鼻の粘膜を傷つけてしまいますから、水と塩を正しい分量で混ぜてつくることがポイントになります。
 
 
こちらの動画にて鼻うがいに使う食塩水の作り方と鼻うがいの方法について解説していますので参考にしてみて下さい

鼻づまりで寝るときに行うとよい対処法

鼻づまりで寝るときにおすすすめしたい対処法についてご紹介したいと思います。

鼻腔拡張テープを貼る

鼻腔拡張テープですと最も有名なのがグラクソ・スミスクライン社から販売されているブリーズライトです!


 
花粉症などで鼻づまりの際には、このブリーズライトが欠かせないという方も多くいらっしゃる、人気の商品になっています。
 
鼻粘膜の腫れによって鼻づまりが起こっている場合には、夜なかなか眠れない状態になっていますから、鼻腔拡張テープ:ブリーズライトを寝るときに鼻の根元に貼るだけでスーと鼻がとおり空気のとおる道をつくってくれます。
 
鼻呼吸ができるようになりますから、眠りの質があがり快眠できるようになります。
 
ブリーズライトは、貼る位置によって効果が変わってきますから正しい位置に貼るようにして下さい。

市販の薬を使用する

鼻づまりに効果がある市販薬では、塗るタイプと服用するタイプがありますが、寝るときに使用する場合は塗るタイプを選ぶようにしたほうがいいでしょう。
 
小さなお子さんからお年寄りまで使えるヴィックスヴェポラップが胸に塗るだけでスーと鼻が通るようになりますからおススメです。


 
服用するタイプの鼻炎薬を選ぶには、眠くなりにくいという作用が働く薬が多い第2世代ではなく、抗ヒスタミン薬の第1世代を選んだほうが良いです。

まとめ

鼻づまりは、とても辛い症状ですから早く解消したいところではないでしょうか?
 
 
今回、お伝えしました鼻づまり解消法では、薬などを使わずに対処するなら、鼻を温める方法と息を止めて頭を上下に振る方法の2つが効果が高いです!
 
 
グスグスして気持ち悪いときには、鼻を温める方法が一番良く、外出先や自宅のどちらでもでき即効性を求めるなら、息を止めて頭を上下に振る方法が最もおススメの鼻づまり解消法です!
 

スポンサーリンク