年越しそば年末の仕事を終わらせて、大掃除や新年の準備と「師走」の名の通り多忙の大晦日!
 
 
すべての用事を終わらせてようやく一息つけると思った時に、疲れた体に染み渡る年越しそばをすする・・・

今年もいい年だったなぁ・・・
 
 
そんな思いをはせながらすする、年越しそば!
 
 
子供の頃は、せっかく家族全員が囲える食事の席で、そばなんてなんだか質素だなぁと子供心に思っていると、両親から「縁起物だから」と窘められたものです。

スポンサーリンク

1年を締めくくる日本人なら当たり前の食文化ですが、大人になってからも、なんとなく大晦日といえば「年越しそば」と当たり前に考えて、今では当時の両親の様に「縁起物だから」と言ってはいるものの、意外とその由来や意味なんかは知らない人が多いですよね。
 
 
あと、年越しそばを食べるタイミングって・・・・?
 
 
そんな年越しそばの由来や意味、食べるタイミングなどの疑問について、まとめてみましたのでご参考下さい。

年越しそばの由来は?いつから食べられていた?

大晦日に新年の準備を行い、気持ちよく年の初めを祝おうという習慣は、平安時代からあったのですが、大晦日の行事の中に煤払いなどの意味あいで、年越しそばを食べるという習慣が生まれたのは江戸時代になってからなのです。
 
 
というのも、平安時代では、ソバは貴族から「まずい」と言われて見向きもされない食べ物だったんですね。
 
 
江戸時代になってから安くて食べやすいと庶民の間で流行し始め、江戸を中心とした関東の食文化になったのがソバなのです。
 
 
ただし江戸以前にもソバがまったく食べられていなかったわけではなく、食べると内臓にたまった毒を取り払ってくれる体によい薬のようなものだとされていました。
 
 
さらにソバは、ほかの麺類と比べてぷつぷつと切れやすく、「厄を断ち切る」という意味と願いが込められるようになっていたのです。
 
 
そのため、去る年の厄を断ち切り、新年を健康で迎えられるようにと、大晦日の夜に年越しソバを食べるようになったのだそうです。

スポンサーリンク

地方によっては、見た目が細く長いソバを長寿の願いとするところや、細工師が散らばった金粉を集める為に蕎麦粉を使うことから金運向上への願掛けの意味も持つそうです。

年越しそばを食べるタイミングは?

年越しそばを食べるタイミングは、結論から言うと大晦日であればいつでもいいそうです。
 
 
つまり昼ごはんとして年越しソバをいただいてもいいのですね。
 
 
自分の大晦日の生活リズムに合わせて美味しくいただくのが一番いいとは思いますが、一年の厄や毒を取り払うという意味を考えると、昼よりも夜、夜のほうがいいのかもしれないですね。
 
 
ちなみに元旦を迎えてから年越しそばを食べる地域も、逆に年を越してそばを食べると金運や健康運が下がると忌避する地域もあったりするんです。

年越しそばに縁起の良いそばの具は?

年越しそばは「そば」を食べることに意味があり、その食べ方に決まりはありません。
 
 
しかしせっかく縁起物としていただくのであれば、よりおいしく縁起の良い食べ物と食べたいですね。
 
 
縁起の良いそばの具をまとめてみました。
 
 
・海老
車エビ 
腰が曲がっていることから長寿のシンボルとして。
 
 
・紅白かまぼこ
紅白かまぼこ 
紅白はおめでたさの象徴です。
 
さらに材料となる白身魚は昔は非常に高価なものであり、白身魚で造られたかまぼこもまた、高価なごちそうでした。
 
 
・卵焼き(伊達巻)
伊達巻 
黄色は金色に通じることから非常に縁起がよいとされます。
 
特に伊達巻は、かまぼこ同様高級であった白身魚を原料都市、金色であることから神様への供物として考えられたものです。
 
形状が反物(着物の布)を連想させるため、着るものに困らないようにと繁盛・繁栄のシンボルです。
 
 
・春菊
春菊
大晦日に旬を迎える春菊の「春(しゅん)」は「旬」と同じ読みで、盛りを意味しています。
 
 
・油揚げ
油揚げ 
商いの神様である稲荷をほうふつとさせる油揚げは商売繁盛の縁起物です。
 
 
どれも御節としても馴染み深い食材ばかりなので、ほんの少し取り分けて置いて年越しそばに添えて食べてもいいですね。

特徴的なそばの具で楽しむ

縁起物にこだわらず、各地の特徴的な具を添えて、普段とはほんの少し違った食べ方をするのもいいと思います。
 
 
・にしんそば(京都・北海道)
にしんそば 
にしんの甘露煮を温かいそばにのせていただきます。
 
 
・たぬきそば(東京)
たぬきそば 
種がない天かす(種ぬきがたぬきに通じる)をのせていただくおそばです。
 
 
・たぬきそば(京都など)
 
油揚げを入れたあんかけの温かいおそばです。
 
 
・越前そば
越前ソバ 
越前おろしそばとも呼ばれ、ゆでたそばに大根おろしをかけたり、大根おろしにそばつゆを加えたりしてつけ麺として食べるおそばです。
 
冷たいおそばとしていただくのが主流ですが、温かい越前おろしそばもあるようです。
 
 
せっかくの大晦日なので、普段馴染みのない具にぜひ挑戦してみてください。

まとめ

調べると、年越しそばには「大切な家族が苦労することなく健康で長生きできますように」という日本人らしい優しい心遣いが感じられるあたたかな習慣であることが分かりました。
 
 
いつ食べてもいいということなので、いつもは仕事で忙しくてなかなか一緒に食事ができないお父さんも一緒に、みんなで食卓を囲って、お互いの顔を見ながら食べたいですね。
 
 
縁起物である年越しそばを食べて、美味しく素敵な新年を迎えましょう!

スポンサーリンク