太陽光発電太陽のエネルギーを使って電気を作ってくれる太陽光発電、とても魅力的で、原子力発電と異なり、太陽のエネルギーだけしか使用しませんので、環境にも優しいんです。
 
 
太陽光発電システムを導入する企業や家庭も増えていますが、何といっても売電による収入があることが導入する大きなメリットといえます。
 
 
太陽光発電の仕組みや導入するメリットとデメリットなどの詳細についてはこちらをご参考下さい⇒太陽光発電のメリット、デメリットとは?

スポンサーリンク

ここでは太陽光発電の売電の仕組みについて、収入を増やす方法や節電するためのポイントも含めてご紹介します。

電力の買取制度

ソーラーパネル太陽光発電の仕組みについて、あまりご存知ない方は電気料金の削減のために太陽光発電を導入するのだと思っていらっしゃる方が多いのですが、太陽光発電の最大のメリットは、ソーラーパネルによって発電した電気を消費して残った余剰電力を売ることで収入につながるというところにあります。
 
 
自宅で発電した電力を電線から電力会社に送り、買取ってもらう方法が売電の仕組みなんですね
 
 
このように太陽光発電によって余った余剰電力や、風力や地熱などによって発電された電力などを再生可能エネルギーといいますが、この再生可能エネルギーを電力会社が決まった価格で買取ってくれるわけなのです。
 
 
この電力会社の買取制度が、「固定価格買取制度」というものになるのです。

スポンサーリンク

2つの買取制度

太陽光発電売電については、まず2つの制度を理解する必要があります。
 
 
買取制度には「余剰電力買取制度」、そして「全量買取制度」の2つの制度が存在しています。
 
 
①余剰電力買取制度

余剰電力買取制度は主として、一般家庭用「10KW未満」の太陽光発電システムに適用される制度のことです。

一般家庭に設置した太陽光発電は、こちらの制度が適用されるんです。

住宅用の発電システムでは、太陽光発電によって発電した電力を、最初に自宅で使用する消費電力として消費します。

そして発電量と比べて消費電力が少ない場合、その分の余剰電力を買取ってもらうことができるんです。

このように家庭で消費した電力を、自動的に電力会社から買取ってもらう制度が余剰電力買取制度になります。
 
 
②全量買取制度

全量買取制度は主として、事業者用「10KW以上」の制度になります。

このシステムによって発電された電力は、その全てを電力会社に売却できますが、全量買取制度は事業用規模になることから、一般住宅には適応されないのです。

売電によって収入を増やすには?

収入太陽光発電やその他の再生可能エネルギーを利用して発電した電力の買取価格は、固定価格買取制度によって公平に決められています。
 
 
家庭などに設置されたソーラーパネルによって生じた余剰電力については、1kWhの単価によって計算され、支払われることになります。
 
 
太陽光発によって発電した電気によって収益を得るには、家庭で使用する電力消費量を抑え、余剰電力を多く買取ってもらえばいいのです。
 
 
太陽光発電システムは設置費用が高いので、収入を増やすことで初期費用の回収も早まるため、昼間の消費電力を積極的に節約し、売電収入を高めることが大切です。
 

光熱費の費用と比べて、売電収入が上回ればその分が全て利益になるという仕組みなんですね
  
 
節電することで収入が得られるので、太陽光発電を導入される方の多くは節電意識が高いのではないでしょうか?

節電のポイントについて

節電太陽光発電システムを利用して電気を売る場合、より多くの収入を得るには節電の意識を高めることが大切で、その節電方法も様々にあるわけなので、具体的な方法を紹介しましょう!
 
 
①電気契約の見直し

現在契約しているアンペア数が適正かどうか、一度検討してみてください。

もし必要がなければ、1段階下げてみるのもいいと思います。

1段階下げることによって基本料金も下がりますので、節電効果は高まります。

これが、電気消費を見直すきっかけになるかもしれません。
 
 
②ライフスタイルの見直し

あまり意識していないと、電気というのは結構、無駄に使用していることが多いですから、節電しながらも夏は涼しく、冬は暖かく暮らせるよう、工夫してみるといいですよ。

例えば夏場は直射日光が入らないよう、スダレや観葉植物などを設置するのもいいと思います。

また、暑い時は打ち水も効果があります。

寒い冬には、ひざ掛けやジャンパーなど、一枚多めに羽織るのもいいと思います。

足元には、昔からある湯たんぽも効果的です。
 
 
③待機電力にも気を付ける

基本的に、電化製品を使用しない時は、電源プラグを抜くことが大事で、使用していないからといってコンセントにさしっ放しの電化製品はそれだけで微量ではありますが電力を消費しているのですね。

これが待機電力といわれるものなのです

意外とバカにならない待機電力ですからエアコン、テレビ、洗濯機、オーブンレンジなど、家電製品を使わない時はコードを抜く習慣をつけることをおすすめいたします。

以上の3点について最低限に注意すれば節電効果が高まりますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

太陽光発電システムの導入で、電気を作ることができ、作られた電気の余剰電力を売却することで収入を得られるのが太陽光発電の大きなメリットの仕組みになります。

ほかにも様々な節電方法がありますので、太陽光発電の売電の仕組みで賢く節約して導入を検討してみて下さい。

スポンサーリンク