車の鍵を開けようとしたら、あれ?ない・・・
 
 
車のキーがない!
 
 
車のカギを紛失してしまって途方に暮れて困った経験のある方も多いのではないでしょうか?
 
 
車のカギがどこにいったのかわからずスペアキーもないときには本当に大変ですからイザという時のために車の鍵を失くした時の対処法についてまとめてみました

スポンサーリンク

車のカギを紛失した際に合鍵をつくったりカギ屋さんにきてもらったときの費用についてもご紹介いたしますのでご参考にして下さい。

まずは落ち着いての行動を思い出す

思い出す鍵を失くしてしまったら、まず落ち着いて自分の行動を思い出してみて下さい。
 
 
鍵をなくしたことに気づくまでに行ったお店や通った場所、確実に家のどこかにあるという場合は、家の中での行動や服のポケット、鞄などもくまなく探すようにします。
 
 
意外と眼鏡やリモコンのようにサッとどこかに置いて忘れていたということもあります。
 
 
また、家族などに同じ車を使う人がいれば、車の鍵を使わなかったかどうかの確認もするようにして下さい。
 
 
急ぎの場合は仕方がないですが、カギを失くした!と思ってすぐに業者に連絡すると、意外と身近なところにあるケースも多く、鍵を新しく作ってもらってから鍵が見つかるということもあり得ます。
 
 
そうなると費用もかかってしまいますし、なんとも言えない気持ちになりますよね。
 
 
ですから、まずは「自分の行動を振り返り、思い出す」ということは最初にとるべき重要な行動になるわけです!

警察に遺失届を出す

遺失届どこを探しても鍵が見つからなくて、完全に紛失したという時には、警察に遺失届を出すようにして下さい。
 
 
自分が立ち寄ったお店などに落としてしまっていた場合には、問い合わせたらお店で保管してくれていることもあるかと思いますが、誰かが落とし物として警察に届けてくれているという可能性もあるからです。
 
 
遺失届を提出するのは、警察に直接足を運ぶだけではなく、都道府県によっては電子申請が可能なところもありますから一度、お住まいの県警のホームページを確認しておいて下さい。
 
 
直接警察に足を運ぶ場合でも、電話やインターネットで遺失届を出す場合でも、

  • 車の鍵をなくした日にちや時間
  • 心当たりのある場所
  • キーケースの色やキーホルダー、落とした鍵の特徴

これらを出来るだけ詳しく伝えるようにして下さい
 
 
警察に遺失届を出したら、もし見つかった場合に失くしてしまっていた鍵を受け取るために必要となる遺失届の受理番号が交付されますので、メモを取ったりして、忘れないように保管して下さい。

スポンサーリンク

急いでいる時には鍵業者に連絡を

急ぎで鍵が必要な場合はインターネットなどで検索して選定したり、各ロードサービスが提携している鍵業者に合鍵を依頼するようにして下さい。
 
 
ディーラーに頼む方が純正のものを作ってもらえますし、安心できるという方もいらっしゃるとは思いますが、鍵のタイプによって作成に時間がかかってしまうこともありますので、今すぐに車を使わなければならないという場合は鍵業者に相談するのがよいでしょう。
 
 
鍵業者を選んだら、電話などで受付を済ませる際に

  • 車のメーカーと車種
  • 年式、グレード
  • 車の状態
  • 鍵の種類(イモビライザー搭載の有無など)
  • 車を停めている場所

など、出来るだけ詳しい情報を伝えるようにして下さい。
 
 
鍵業者や車の種類によって値段は異なりますが、開錠と鍵の複製で作業時間は2時間ほど、値段は1~2万円が相場です。
 
 
全国の対応エリアも広く365日年中無休で鍵の緊急トラブル解決してくれるこちらのカギ屋さんなんかがおススメです!
【鍵の救急サポートセンター 】

時間に余裕がある場合はディーラーに頼む

鍵を紛失しても特に急ぎで必要だというわけではない場合や、鍵業者に頼むのも少し抵抗があるという場合にはディーラーに連絡して、新しい鍵を制作してもらうのもいいかもしれません。
 
 
ディーラーに合鍵をお願いする場合にも、出来るだけ詳しい車の情報を伝える必要があり、イモビライザーキーの場合には「キーナンバー」という鍵の種類を特定するための識別番号も伝える必要があります。
 
 
ディーラーに依頼してから新しい鍵が手元に届くまで、早い場合ですと2~3日くらいでできますが、1週間以上の日数を要することもあります。
 
 
純正の鍵を作ってもらえますので、鍵業者に作ってもらったけれどすぐに開かなくなってしまったなどといったトラブルは避けることができます。
 
 
費用はメーカーや車種によってバラつきがあり、電子キーでなければ数千円、電子キーの場合、安ければ2~3万、高いものは10万を超えることもあります。

車のカギを複製する期間と費用の相場

車のカギを普段から持ち歩くことを前提にしている人にとって、仮に紛失してしまった時に便利になるのが車のスペアキーの存在ですが、このキーを複製する場合は、通常のスペアキーを作成してくれるところであれば問題無く作成できるはずです。
 
 
例えばホームセンターやディーラー、カー用品店などでも可能となりますし、スペアキーの値段は作成する場所によってマチマチですが、相場として500円前後で複製が可能になります。
 
 
ただし、最近の車は電子的な鍵認証システムを搭載していますのでこういった機能が無い物に限り、作成期間については概ね30分から45分くらいで完了することが一般的です。
 
 
シンプルな普通のカギを安く作りたいのであれば、ホームセンターがオススメですが、多少値段は上がったとしても性能重視のカギを選ぶ際には、間違いなくディーラーに頼んだ方が良いと思いますし、そのような状況にならないためにも万一のことを考慮し、スペアキーは予め作成しておく方が良いですね。
 
 
ちなみにカギ製作のプロにお願いをすれば、車のカギが1本も無い状態からその場でカギを作成することも可能ということもあり、国産車なら30分から60分で作業が完了し、値段も4,000円程程度で済みます。
 
 
作成方法は作業スタッフが鍵穴を覗いてピンの高さを黙視にて計測していき、配列に沿ってブランクキーを削っていくことで完成となりますが、最近では防犯性の高い車種もあるようで、スペアキーの作成ができない場合もありますので、作成できる車種かどうかを確認しておいたほうがよいです。

イモビライザー(スマートキー)を複製する期間と費用の相場

車のカギの紛失は少なくありませんが最近ではスマートキー、キーレスエントリー、イモビライザー搭載車が多くなってきており、簡単に車のカギが複製できないような仕組みとなっているようで、これらを複製する場合には特殊な技術が必要となります。
 
 
特殊な技術とは、イモビライザーの仕組みに精通していて、トランスポンダ判別機、イモビライザーキーの登録装置、クローンキーの作製装置など専用の機材がないと複製ができないことで、これらの技術を持っているのはディーラーかカギ作製のプロの業者にお願いする以外にはありません。
 
 
ちなみにカギ作製のプロは、イモビライザーキー本体があればスペアキー作製が可能ですし、マスターキーを全て無くしてしまっていても、スペアキー作成はほぼ複製が可能といわれております。
 
 
作成期間についてですが純正のカギをディーラーに頼んだ場合、カギのタイプにもよりますが数週間かかることもあり、仮に緊急で作製したい場合はカギの専門業者に依頼する方が効率が良く、この場合は約1時間程で製作可能となり、費用の相場については10,000円程度で済みます。
 
 
各社のホームページに値段は記載されていますが表示通りの金額とならないこともあるようで、その理由はイモビライザーキーの場合、盗難防止のための仕掛けがメーカー毎に異なる上、種類により対応できる範囲も異なるためとされており、料金表に表す価格はあくまでも目安としての表示なのですね。
 
 
イモビライザーキーをディーラーで複製する場合、キーナンバーというカギの種類を特定する識別番号が必要ですが、これは納車時または書類で受け取っているはずですので探しておく必要があり、この情報さえも紛失している場合はキーシリンダーを取り外して刻印されている番号を直接読み取るという作業が掛かり、別工賃が掛かります。
 
 
期間は早くて数日、遅ければ数週間かかることもありますし、費用もメーカーによって様々で2万円から3万円が相場のところもあれば、中には10万円掛かる場合もありますので、キー紛失には十分に注意したいところです。

内鍵をしてしまった場合には?

車の鍵を紛失してしまったと思って自分の行動を思い出して探していたら車の中に置きっぱなしに してしまっていてロックがかかってしまって開かないということもあります。
 
 
内鍵をした場合には契約しているロードサービスや鍵業者に開錠してもらうように連絡して下さい。
 
 
費用はロードサービスによっては無料で対応してくれるところもあり自動車保険の契約をする際にはロードサービスが無償で対応してくれる内容の確認をしておくほうがいいと思います。

まとめ

車の鍵を紛失してしまったら状況に応じて下記の対処をするようにして下さい

  • まずは落ち着いて自分の行動を思い出す
  • 警察に遺失届を提出する
  • 急いでいる場合には鍵業者に連絡
  • 時間がある場合はディーラーに連絡
  • 車の中に鍵を閉じ込めてしまっていた場合には鍵業者やロードサービスに連絡

急ぎである場合、鍵業者にお願いして開錠してもらってスペアキーをつくってもらうというのが早いですが、正規品ではないため、鍵が使えなくなってしまうなどといったトラブルが起こることもあります。
 
 
ディーラーにお願いする場合、電子キーである場合、費用と制作までの時間がかかることがありますので、こちらも覚えておいて下さい。
 
 
また、合鍵をあらかじめ作っておいたり、鍵の置き場所を統一したり、目立つキーホルダーを付けたりして防止策をしておくことも大切です。
 
 
これらをしておくことでカギを紛失する確率がグッと減りますので、心がけてみて下さい。
 
 
鍵を紛失してしまったら、誰しも慌ててしまうものですが、まずは落ち着いて自分自身の行動を思い出してみるようにして下さい。

スポンサーリンク