大掃除気づけばもう今年も残りわずか・・・
 
 
年末になると何かと忙しくなってきますが、そんな師走のなかで大変なのが大掃除ではないでしょうか?
 
 
来年こそは、スケジュールをしっかりたてて計画的に大掃除しよう!なんて思っていたのにあっというまに1年が過ぎてしまった・・
 
 
そんなことを毎年、繰り返していらっしゃる方も多いと思います!
 
 
そこで、毎年の年末で大変な大掃除を効率的に終わらす大掃除のコツについてお伝えしていきますので、ぜひご参考下さい!

五徳の油汚れには重曹+αが有効!

五徳油汚れに重曹が効果的というのは有名な話ですが、重曹を溶かしたお湯でごしごしとこすってもこびりついてしまった五徳の油汚れはなかなか落ちないことが多いです。
 
 
がっちりとこびりついてしまった汚れには重曹+αでパックしてあげるのが大掃除のコツなんです!

【材料】

  • 重曹
  • 小麦粉
  • 食器用洗剤

 
これらをしっかりと混ぜて五徳に塗ります。

キッチンペーパーで塗った場所を保護し、30~40分後にぬるま湯で洗い流しながらこすってみてください。
 
あんなに頑固で落ちなかった油汚れが気持ちいいくらいボロボロと落ちてきます!

注意点

ただし、この方法には注意点があるのですね。
 
それは「まぜるな危険!」と書かれた洗剤は使用しないことです!
 
アルカリ性の重曹、酸性の酢と化学反応を起こして、毒ガスが発生してしまい非常に危険なんです!
 
洗剤の裏面をしっかりと読んで、安全な使い方をするように心がけて下さい。

スポンサーリンク

和室の畳には緑茶の出がらしがおすすめ

畳大掃除するときに意外と面倒なのが畳の掃除で、畳の隙間のヨゴレやホコリがなかなか落ちないので苦労しますよね!
 
 
畳は水分を嫌うため、水拭きをするにも固く絞らなければならず、また目も細かいので拭き掃除も大変ですから、そんな時、便利なのが緑茶の出がらしを使うコツなのです!
 
 
緑茶の出がらしを絞り、畳の部屋に撒き、それをホウキでさっと掃くだけなんです!
緑茶
とっても簡単ですが、緑茶の出がらしに残った水分が細かい畳の目の中に入った小さなホコリまで吸着してくれます。
 
 
また、ホコリが舞い上がりにくくなるので、せっかく掃いたところに舞い上がったほこりが落ちて積ることも防いでくれます。
 
 
緑茶のカテキンには消臭・抗菌効果も期待できるので、一石二鳥です!

木製家具はみかんの皮でつやを出す

木製の家具年末くらいにしか掃除しないのも家具だったりするわけですが、ツヤもなくなってしまい拭いてもきれいになった感じもしないですからなんとかツヤのある状態に戻したいものです。
 
 
そこでツヤのなくなってしまった木製家具にはみかんの皮を煮出した汁で磨くのがおすすめです。
 
 
みかんの皮みかんの皮と水を鍋に入れ、15分ほど煮出します。固く絞った布で木製家具の表面のほこりをさっと落とした後、冷ました煮出し汁で磨いてあげるとみかんの皮に含まれる油分のおかげでつやつやと木製家具が輝きます。
 
 
ワックスなどと違い、自然なつや、風合いが戻るので、愛着のある家具にはぜひとも試してみて下さい。
 
 
みかんの皮は乾いてすぐ使うのがよいですが、しばらく置いて数日後に使うなら日当たりの良い場所でしっかりと乾かして保存するのがコツになってきます。
 
 
また、白木の家具は豆乳を含ませた布で磨くと、豆乳のたんぱく質や脂肪分でツヤが出ますから、成分無調整のもので試してみてください。

お風呂場の頑固なカビはラップでパック

お風呂場お風呂場のパッキンやタイルの目地に入り込んでしまった黒カビは、ただカビ取り材を塗っただけではなかなか綺麗に落ちてくれません!
 
 
そんな時はカビ取り剤を塗った後に、ラップを張ってから1時間ほど放置してみましょう!
 
 
この時に一番大切なのは、必ずお風呂場が乾いた状態でカビ取り剤を塗布することになります。
 
 
タイルやパッキンが濡れている状態で薬剤を塗布しても、効果が薄れてしまいますから、乾いた布などでさっと拭いてカビ取り剤を塗るよう心がけてみてください。
 
 
ラップでパックをした状態で1時間ほど放置をしたら、あとはさっと洗い流すだけで、あんなにしつこかった黒カビがきれいさっぱり根っこまで真っ白になります。
 
 
カビ取り剤を使用するときには裏面の注意をよく読んで、しっかり換気をしながら使用するようにして下さい!

窓の四隅には塩が効果的!

窓薬剤を使って窓をピカピカに磨き上げても、なぜか四隅だけうまく拭けずほこりがたまってしまうことってありますよね。
 
 
うまく道具が使えない窓の四隅には塩を使って磨くことをお勧めします。
塩
少しだけ濡らした軍手の指先に塩を少量のせ、そのまま指先で四隅をぬぐうだけで、塩の粒がほこりや黒ずみを掻き出してくれます。
 
 
泥などが固くこびりついてなかなかブラシなどでも取れない汚れもこの方法でとることができます。
 
 
食品なので、洗剤と違いそのあと落とすことに苦戦する必要がないのも助かりますね。

まとめ

手の届きにくい場所ほど後回しになってしまい、大変な思いをする大掃除ですが、身近にあるちょっとした工夫でしつこい汚れも簡単に落とすことができるようになります。
 
 
綺麗な部屋には良い運気もめぐってくるといわれています!
 
 
綺麗な部屋で気持ちの良い新年・幸先のよいスタートを迎えられるように、本格的に寒くなる前から少しずつこなしていくようにしましょう!

スポンサーリンク