結婚二人の愛が実りを迎えようとしている時というのは、幸せの絶頂期ですよね。
 
 
結婚をすることが決まったけど、いつ何から準備していいのかはなかなかわからないものです

スポンサーリンク

そんなお二人に経験者が語る、結婚の準備はいつから始めればよいのかご紹介したいと思います!
 

まずは二人で大まかに日付を決める。

日付を決める

①結婚式の日程の決定
結婚しよう!ということになったら、まずは二人で具体的に、いつ頃結婚式を挙げたいのか時期を選びましょう!
 
例えば、桜の時期がいいなとか、彼女の誕生日に合わせてだとかありますよね。特に女性は、小さいころから夢に見ていた結婚式のイメージとかもありますから、なるべく、夢を叶えるようなスケジュールが組めればいいかなと思います。
 
一生に一度しかない夢の時間ですから、夢を現実にしていきましょう!
 
正直、経験者からいうと、準備期間は半年以上とっておいたほうが、失敗しなくて済むと思います。

時間がなくて焦って決めては後悔することもありますから十分に時間をとって計画して下さい

 

②ご両親へのあいさつをいつ頃行くかも決めておく。
ご両親へのあいさつは、二人のスケジュールに余裕があるときにしておきましょう!
 
なるべくなら、その日は一日二人ともフリーということにしておいたほうがいいと思います。
 
男性も女性も、お互いに自分の両親に、結婚相手となる方がご挨拶に訪れますよとか、結婚相手と一緒に帰省しますということを、事前に伝えておいたほうが良いと思います。
 
ご両親も準備や心の整理の時間が必要ですから、直前ではなく、できれば10日前ぐらいから伝えておいたほうがよいでしょう。
スポンサーリンク

ご両親への挨拶時に結婚式の時期やプランを伝えましょう

①お互いの両親への挨拶
相手のご両親へのご挨拶は、とっても緊張するもので、さらに自分の両親に結婚相手を紹介するのも緊張しますよね。
 
みんなこの緊張を乗り越えて、結婚してるんですから大丈夫ですよ!
 
初めの挨拶は肝心ですから、しっかりはっきりと自分の気持ちを伝えて下さい。

 

②両親への結婚式の日程報告
一通りご挨拶が終わったら、具体的にどの時期に結婚式を挙げたいのか、そしてどのような感じの結婚式&披露宴を行いたいのかをご両親に伝えるようにして下さい。
 
ご両親にもやっぱり祝福してもらって結婚式&披露宴を行いたいわけですから、式場などは決まっていなくても、このような感じでしたいというのは話をしたほうがいいでしょう。
 
なぜなら、両家ともにご両親も結婚する二人より経験豊富な方たちなのですから、きっと良いアドバイスなども出てくるからなのです。
 
また、ご両親にも娘や息子にはこんな結婚式をあげてほしいという思いもあるでしょうから、そういう両親の気持ちもちゃんと聞いてみる良い機会だと思います。

結婚式場選定について

会場

①結婚式場選び
最近は、結婚情報雑誌やネットでの検索などで、いろいろな結婚式会場を調べることができます。
 
自分たちの結婚式プランに合うような会場をいくつかピックアップしてみてください。
 
全国に12箇所に無料で相談できる【ハナユメウエディングデスク】が設置されていて、プロのアドバイザーが第3者目線で理想にピッタリの式場のご紹介してもらえて準備や費用などの疑問も解決できます
Hanayume
 
やっぱり実際に見てみないと自分のイメージ似合うかどうかわからないですから、最低でも3つくらいは、候補会場を挙げるようにして下さい。

 

②ブライダルフェアへの参加
会場候補を見つけたらブライダルフェアへ参加するようにしたほうがいいですね
 
お気に入りの会場を見つけたら、まずは土日などに開催されている、ブライダルフェアへの申し込みを行って下さい
 
模擬結婚式や、披露宴を見ることができ、無料で披露宴時のお料理も試食できたりして、自分たちなりのプランが立てやすくなります。
 
やっぱり自分たちの一生に一度の思い出の場所になるわけですから、ちゃんと吟味して選びたいものですよね

両家顔合わせ

一番の山場が両家の顔合わせです!
 
 
これから親戚関係を築いていくわけですから、お互いの両親にしっかりと今後のことについてお話をしていくことが大切です
 
 
地域によっては、両家顔合わせが結納というところもありますから、しっかりとした準備をして滞りなく結納が進められるようにしなければなりません!
 
 
最近では、結納の品一式をそろえて渡すということは少なくなってきましたが、その代りに結婚指輪をランクアップしたりすることもあるようです。

早めに衣装を押さえましょう

ウエディングドレス

①衣装の選定
ウエディングドレスにするか?白無垢にするか?男性よりも女性は、結婚式の衣装にあこがれを強く持つ方が多いですね
 
夢にまで見た結婚式での衣装は、やっぱりお気に入りのものを着たいと思います
 
しかし、結婚式に近い時期に衣装を決めることになると、これを着たいなと思っていてももうすでに予約済みだったりすることもあるのです。
 
せっかくのあこがれの衣装を着ることができないというのはとっても残念なことですから、早め早めに衣装は決めて押さえておいたほうがベストです!

 

②ブライダルエステなどの利用
あこがれの衣装が決まったら、その衣装が似合うように体のお手入れをしっかりと始めてください。
 
最近では、結婚式会場でブライダルエステを行っていたり、結婚式&披露宴のプランの中にすでにブライダルエステが組み込まれていたりするので、
 
主役はあなたなのですから、素敵に変身しましょう!

 

結婚式場との打ち合わせを綿密にする。

打合せ結婚式&披露宴をするにあたっては、大きなことから小さなことまで綿密に話し合いをして決めていかなくてはなりません。
 
 
テーブルの上に飾る花の色や、テーブルクロスの色、そして招待客に送る招待状や引き出物まで様々あります。
 
 
どれもお金が結構、かかるもので招待客の席札ですら、デザインによって金額が違ってきたりします。
 
 
どれも良いものばかりを選んでいると、招待客人数にもよるのですが、莫大な金額になることもあるので、気を付けてくださいね。
 
 
返信をみて席次もきめなきゃいけませんから、結婚式の2か月から3か月前には、招待状を発送するほうが安全です!

新婚旅行の予定について

新婚旅行ただし、お金をかかることですから、お財布との相談にはなると思いますが、可能でしたら新婚旅行の計画も立てたほうがいいと思います。
 
 
二人だけで旅行なんて、結婚して子供ができたらなかなかいけなくなってしまいます。
 
 
この時期だけの二人の時間を幸せいっぱいに過ごすためにも、楽しく過ごせる旅行を計画したほうが後々、良い思い出になってきます。

新生活に向けての準備

新生活結婚したらどこでどう生活するのかを具体的に考えて住む所を選ぶようにして下さい
 
 
共働きの二人であれば、二人の通勤距離や出勤時間、通勤時間などを考慮して住む場所を決めたほうがよいでしょう!
 
 
二人で使う、家具・家電選びも慎重にする必要がありますから、安くていいものも沢山ありますが、長く使えるものを選ぶほうが得策です!
 

結婚式当日

結婚式当日は、しっかり今まで準備してきたのですから、あとは会場の方にすべてをお任せして、心からたのしんで思い出を心の中に刻み込んでください。
 
準備をしっかりとしてきたのですから、きっと素敵な結婚式&披露宴をおこなうことができるはずです

まとめ

しっかりと準備を時間をかけてやればきっと成功するはずです。 家族や友人知人、職場の同僚などから心から祝福されて、幸せな一日となることでしょう。
 
 
あとから、これをやっておけばよかったと後悔しないようにしてください!
 
 
幸せの道へ一歩ずつ進んでくださいね!

スポンサーリンク