失恋失恋はとてもショックな出来事ですし、大好きだった人と別れるというのはとても辛いものです。
 
 
恋愛や失恋の内容やシチュエーションといったものは誰1人として同じではありませんし、物事の感じ方や受け取り方なども人によってさまざまですが、中には失恋からなかなか立ち直ることができずに、いつまで経っても引きずってしまうという人もいます。

スポンサーリンク

そこで失恋を引きずってしまう人にはどういった特徴があるのか?そして失恋から立ち直るにはどういった方法があるのか?ということについてご紹介したいと思います。
 
 
また、仮にうまく立ち直ることができたとして、そこから新しい恋愛を始めるには一体どのような方法があるのかといったことをお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

失恋を引きずる人の特徴とは?

失恋を引きずる人すでに終わってしまった恋愛に対して、いつまでも引きずってしまうという人に多い特徴をご紹介します。

結婚相手として付き合っていた

結婚を考えていて、失恋相手が自分の運命の人であると思っていたので、まさか別れることになるとは思ってもみなかったために、事実を受け入れられず、その相手のことをなかなか諦めることができないがために、いつまでも失恋を引きずってしまうということになるのです。
 
結婚相手として付き合っていた人だけでなく、結婚願望が強い人も、このようなケースで引きずりやすくなる傾向があります。

結果に納得していない

別れることになった原因について、一つでも納得していない部分があると、誰でも失恋を引きずってしまいやすいものです。
 
失恋は悲しい出来事ではありますが、その結果に納得していれば、こうなったのは仕方のないことだと割り切ることができますが、納得していない部分があることで、なかなか気持ちに踏ん切りをつけることができずに、その気持ちを長引かせてしまうのです。
 
納得していない原因として多いのが、たとえば自分がフラれてしまった場合に、相手がなぜ別れるのかといった理由をきちんと説明しなかったとか、説明があったとしても理解したくないという気持ちが働いてしまったということなどが挙げられます。
 
また、このような人は冷静に考えれば本来わかることであっても、相手のことが好きという気持ちが強すぎて、別れるという現実を認められない傾向があります。
 
そのため、どれだけ相手が説明をしたとしても、納得することは難しくなってしまうのです。

相手の気持ちよりも自分の気持ちを優先しがち

自分の気持ちばかりを優先して考えたり行動する人は、相手の気持ちを理解することがほとんどできていない場合が多いです。
 
相手の気持ちがわからないと、相手が別れたいと思っていてもそれに気づくことができないため、別れを切り出されて初めて、相手がそのように思っていたと気づかされるのです。
 
そして当然のことながら、別れは想像もしていなかったことなので、突然目の前に現実を突きつけられたことで、傷も大きく深いものとなり、失恋を引きずることに繋がってしまうのです。

頑固である

頑固な人は、「自分にはこの人しかいない」「絶対にこの人と結婚する」などと自分に言い聞かせる部分があるため、いざ別れるとなった時にスッパリ諦めることができないため、いつまでも失恋を引きずってしまう傾向があります。
 
このような頑固な人は、見方を変えれば「一途な人」とも言えますが、その気持ちが間違った方向に向いてしまうと、ストーキング行為へと発展してしまう恐れがあるので、注意するようにして下さい。

スポンサーリンク

失恋から立ち直る方法

立ち直る失恋は大好きだった人と別れるという、とても悲しくショックな出来事なので、すぐに気持ちを切り替えることは難しいですし、つい引きずってしまいがちですが、いつまでも引きずっていても良いことはありません。
 
 
頭ではわかっていても、気持ちがなかなか浮上しないという方も多いと思いますが、失恋から立ち直るきっかけとなるヒントをいくつかご紹介したいと思いますので、ぜひ参考にして実践してみることをお勧めします。

我慢しないで思いっきり泣いてみる

失恋をすると、当然のことながらそのストレスも大きく心にのしかかってくるため、そのままにしておくとストレスがどんどん溜まっていき、心にも体にもよくない状況に陥ってしまいます。
 
そんなストレスを発散するのにとても高い効果を発揮するのが、「泣く」という行為になります。
 
自分の部屋など1人になれる場所で泣くのも良いですが、お風呂の時が特にお勧めで、涙を流してもお風呂場ならお湯と一緒に流れていき、清々しい気持ちになりやすくなるからです。
 
我慢をせず、悲しいという気持ちを正面から受け止めて、思いっきり泣くことがポイントで、こうすることで気持ちの落ち着きが早く訪れ、前向きな気持ちになりやすくなるので、ぜひ実践してみて下さい。

親友に愚痴を聞いてもらう

失恋のショックや悲しい気持ちは、1人で抱え込んでしまいがちですが、気のおけない親友に愚痴を聞いてもらうことで、1人で抱え込んでいてはわからなかった自分自身のことなどを、客観的に見ることができるようになり、ざわついていた気持ちも落ち着きやすくなります。

この時のポイントとしては、あなたの話を何も言わずに聞いてくれて肯定してくれる人に話すということが大切で、愚痴を聞いてもらう目的で話しているのに、たとえ正しいものであっても意見を挟まれてしまうと、また違ったストレスが新たに生まれる恐れがあるからです。

そのため、親友であればあなたのことを理解しているでしょうし、あなたが望むことを察してくれますので、「愚痴を聞いて!」と伝えて思いっきり話を聞いてもらい、気持ちをスッキリさせて前向きになれるように手伝ってもらうことをお勧めします。

二人の関係について振り返ってみる

まだ感情的になりやすく、冷静になりにくい時期だと、二人の関係について振り返ることはなかなか辛く傷を抉る恐れがあるので避けて欲しいですが、ある程度気持ちが落ち着いて感情的になることが少なくなってきたら、冷静に振り返ってみることをお勧めします。
 
具体的には、自分の何が悪かったのか、あの時に自分は一体どうすればよかったのか、どういった言葉をかければよかったのかといった反省点だけでなく、相手が自分に言ってくれたことやしてくれたことについて改めて思い出してみるということです。
 
良かったこと、そうでなかったことを洗い出してみることで、失恋がただ辛い思い出として残るのではなく、大切な経験をしたということにもなるので、次の新しい恋愛に向けて活かすことに繋がります。

思い出の品を断捨離する

お揃いで一緒に買ったものやプレゼント、遊園地や水族館などデートで行った場所のチケットの半券や、たくさん撮った写真など、失恋相手との思い出が残る品は、思い切って断捨離してみることをお勧めします。
 
捨てるのが忍びないという場合には、オークションやフリマアプリなどを利用すると、処分する罪悪感も薄れますし、ちょっとしたお小遣いとして返ってきます。
 
このような思い出の品は、できるだけ手放すことが理想的ですが、捨てる決意がつかなかったり、まだ処分する時期でないと感じる場合には、一つにまとめて普段目につかない場所に保管するようにしてみて下さい。
 
しばらく経って存在を忘れていたとか、もう必要ないと思えたらその時が断捨離のベストタイミングです。

イメチェンする

失恋をしたら髪の毛を切るというのは、漫画などで見かける昔からの定番の立ち直り方ですが、いざ実際に髪を切ってみると、自分が思っていた以上に気持ちがスッキリしますし、気持ちが切り替わりやすくなります。
 
ロングヘアをショートヘアにするなど、思い切ってばっさり切らなくても、少しカットしたり、切ることにこだわらずにカラーリングでイメチェンするなどもお勧めです。
 
また、ヘアアレンジだけでなく、いつもとは違ったテイストの服装を楽しんでみるといった、ファッションでのイメチェンも効果的です。
 
失恋相手と過ごしていた時の自分の姿とは違うものにすることで、気持ちも思考も一新しやすくなりますので、ぜひ実践してみて下さい。

部屋の模様替えをしてみる

まだ失恋する前、恋人と一緒に過ごしていた時期に、その時生活していた自分の部屋の模様替えをするのも、失恋から立ち直るための一歩として効果があります。
 
同棲などで一緒に住んでいなかったとしても、その時の思い出などが自分の部屋のあらゆる場所に残っていたり、部屋の配置やカーテンの色などのちょっとしたことがきっかけで、失恋相手との思い出が蘇ってくることがあるからです。
 
そのため、カーテンを新調して以前とは違う色や柄のものに変えたり、部屋にある家具の配置を変えるなどの模様替えをすることで、同じ部屋と家具でありながらも、以前とは違う雰囲気に変えることができるので、ちょっと地味な作業かもしれませんが、ぜひ実践してみて下さい。

趣味に没頭してみる

読書や映画鑑賞、スポーツやアウトドアなど、もしもあなたが趣味を持っているのであれば、その趣味に没頭してみるのも良いと思います。
 
一日中ずっと趣味に没頭することで、頭の中を占拠していた悲しい気持ちが消えて、しばらく没頭した後はスッキリとした気持ちになっているはずです。
 
何かに没頭・集中することで、他のことを考える暇がなくなり、心や頭の中でザワザワしていた雑音が一掃され、心や頭の中がリセットされます。
 
また、趣味はその人にとって好きなものであり、ポジティブな感情が生み出されやすいので、集中しやすいですし気持ちも上向きになりやすいので、趣味がある人はぜひ思いっきり取り組んでみることをお勧めします。

運動してみる

何もせずにじっとしていると、無意識のうちに頭の中は喧嘩した思い出や楽しかった思い出など、以前の恋愛に関連することでいっぱいになってしまう傾向があるので、そんな時は身体を積極的に動かすことで、余計なことを考えないようにするのがお勧めです。
 
運動をして汗を流すと心も体もスッキリとしますし、「幸せホルモン」と呼ばれる「セロトニン」は、単調なリズム運動によって分泌されるので、思考もポジティブになりやすくなります。
 
そのため、ランニングやジョギングといった激しいものではなくても、数分程度の散歩やストレッチといった手軽に行えるもので十分セロトニンが分泌されるので、たとえば犬の散歩やラジオ体操といったものも運動の一つとして考えて実践してみるのが望ましいです。

旅行してみる

旅行は、日常から離れていつもとは違う環境に身を置くことになるので、気持ちの整理をつけやすくなるお勧めの立ち直り方法です。
 
特に自然豊かな旅行先を選ぶと、大きな山の風景に圧倒されたり、広い海を目の当たりにすることで、自分の悩みがいかに小さいのかを思い知ることができ、落ち込んでいた自分が滑稽に思えるようになり、気持ちを上向きにすることができます。
 
環境を変えるというのは、思っている以上に良い影響を心に与えるため、たとえ数日であっても普段とは違う場所や空気に触れられる旅行は、気分転換や気持ちを落ち着けるのに最適なのです。
 
もしもまとまった時間が取れる余裕があるのでしたら、ずっと家に籠るのではなく、日帰りでも良いので遠出をしてみることをお勧めします。

仕事に集中してみる

失恋に関することを少しでも考えずに、同時に少しでも失恋の痛手も癒したいと思っているのであれば、失恋とは関係のないことで頭の中を満たすようにしてみて下さい。
 
社会人であれば、仕事に集中することで失恋のことを考えずに済みますし、その存在を思い出しにくくなりますので、思いっきり没頭して仕事に取り組んでみることをお勧めします。
 
失恋に関することを頭の中からシャットアウトしたいという意識が、さらに仕事への集中力に繋がれば成果を得やすくなりますし、周りからの評価や自信にもいい影響を与えてくれます。
 
仕事は1日の大半を過ごすことになるので、このように失恋から立ち直るために仕事を上手に利用してみるのも良いのではないでしょうか。

新しい恋愛をはじめるには?

ポイント失恋の痛手がある程度癒えて、気持ちの整理もつき、冷静になれるようになったら、新しい恋愛を始めるために動いてみるようにしてみて下さい。
 
 
失恋から完全に立ち直るには、新しい相手を見つけて恋愛することが一番ですので、その気持ちがあるのであれば、自分から行動してみることがとても大切なことになります。
 
 
そこで、新しい恋愛を始めるためにお勧めの3つの方法をご紹介したいと思いますので、ぜひ参考にして実践してみて下さい。

出会いの場へ積極的に出向いてみる

せっかく失恋から立ち直りかけているのに、平日は自宅と職場の往復、休日は読書やテレビを見て家に籠りっきり・・・といった、最低限の外出で済ませてしまっている状況では、出会いのきっかけを掴むことはなかなか難しくなります。
 
新しい恋愛をしたいと思っているのであれば、現在の生活パターンを変えるのは必須であり、さらに出会いの場へ自分から出向くようにする必要があります。
 
出会いの場と言ってもさまざまで、婚活パーティーや合コンといった、異性と出会うためにあつらえられた本格的な空間を訪れることももちろん有効ですが、それだけでなく、異性のいる身近な場所も立派な出会いの場となり得るのです。
 
たとえばライブハウスは、音楽の好みや好きなアーティストが共通している人が集まる場所なので、音楽の趣味が合う男性と出会いたいと考えている方にお勧めの出会いの場と言えますし、トレーニングジムなら運動が好きな人が集まる場所なので、自分と同じく運動好きな男性と出会いたいと考えている方にお勧めです。
 
また、特に趣味を持っていないという場合でも、ボランティアなら誰もが参加しやすいですし、ボランティアはその性質から周囲と連帯感が生まれやすいので、出会いも生まれやすい場所と言えます。
 
その場でじっとしていても何も始まりませんので、ぜひ自分から積極的に行動してみることをお勧めします。
 
出会いがない人が彼氏や彼女をつくる方法については、こちらで詳しくご紹介しています。

ネットで出会いを見つける

最近は出会いをインターネット経由で見つけることも、だいぶ珍しいものではなくなってきました。
 
今はスマートフォンを持っている人が大多数なので、そのスマホで利用できる出会い系アプリも数多く存在していますし、出会いに特化したコミュニティやサイトも探せばたくさん見つかります。
 
その中でも特にお勧めなのは、比較的異性を見つけやすいマッチングアプリであり、ネット上でたくさんの異性の中から自分の理想に近い相手と巡り合える確率が高いことや、アプリによっては実名制というところもあるので安心できるというメリットがあります。
 
ただ、やはりネット上で出会いを見つけることに抵抗がある方もいると思いますので、その場合はいきなり出会い系アプリやマッチングアプリを利用するのではなく、たとえば自分が好きな漫画や音楽などの趣味で繋がることができるサイトを選ぶことです。
 
同じ趣味を持った異性と知り合うことができる可能性もありますので、無理せずに自分が考える許容範囲からできることを実践してみるようにして下さい。
 
また、出会い系アプリなどもよく耳にする大手の会社が運営元であることもあるので、しっかりと下調べをしてから利用するようにすると安心です。
 
ネットで出会いをみつけるならこちらの記事をご参考下さい。

友達にイイ人を紹介してもらう

仲の良い友達や親友などに、思い切って「イイ人がいたら紹介して欲しい」とお願いしてみるのも、新しい出会いを見つけるために有効な方法です。
 
仲の良い友達や親友であれば、あなたの好みの男性像をある程度把握していることが多いので、出会いの場を訪れたり、ネットで一から出会いを探すよりも、短期間であなたが求めている男性像に近い相手を紹介してもらえる可能性があります。
 
そして紹介をお願いする時には、自分が失恋をしたことを友達や親友にあらかじめ打ち明けておくことで、「イイ人がいたら紹介して欲しい」というお願いが社交辞令や冗談などではなく、本当にそう思っているというあなたの「本気度」が伝わりやすくなるのでお勧めです。
 
また、友達や親友に紹介をお願いする時に、その友達や親友も相手を探しているという状況であれば、「私もあなたに1人紹介するから、あなたも私に1人紹介してね」とお互いに紹介し合うようにすると、どちらにもメリットがあるため、行動に移しやすくなります。
 
そして実際に相手を紹介してもらったら、必ずその相手と一度は連絡をとるようにすることが、紹介してくれた友達や親友への礼儀になりますので、しっかり対応するようにしてみて下さい。

まとめ

失恋を引きずってしまう人の特徴や、失恋から立ち直るためのさまざまな方法、また、新しい恋愛を始めるにはどういった方法があるのかといったことをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
 
 
大好きだった人と別れるというのはとても悲しくショックな出来事なので、なかなか気持ちの整理がつきにくく、つい長い間引きずってしまいがちです。
 
 
でも、いつまでもその気持ちに執着していても、前に進むことはできませんので、自分にできる範囲で少しずつ気持ちの整理をつけて切り替えていき、時間をかけてでも失恋から立ち直ることで、新しい出会いを見つけることに繋がります!
 

スポンサーリンク