悩むサラリーマンバレンタインでもらう義理チョコですが全く無いと男として悲しいものですが義理チョコを貰ったらホワイトデーのお返しとして義理で贈らなければなりませんから何を贈るのがいいのか悩んでしまうものですよね・・・
 
 
そもそもホワイトデーって何だぁ!
 
 
という男性も多いと思いますがバレンタインにしろホワイトデーにしろチョコやその他のお菓子の販売を拡大するための販売促進として日本では根付いている経済効果の高い社会行事ですから素直に感謝の気持ちを伝える機会としてホワイトデーのお返しを義理でもやることは大切ですよね。
 
 
ただ義理だったとしてもホワイトデーのお返しで好感度を上げるほうがイイですからホワイトデーの義理のお返しで毎年悩んでいらっしゃるアナタのためにとっておきの情報をご紹介したいと思います。
 

ホワイトデーの由来

ホワイトデー由来ホワイトデーは、日本の国民的社会行事になっていますがホワイトデーの風習やまして義理でお返しするというのは欧米などにはないのですね!
 
 
バレンタインは欧米から伝わった風習ですが日本においては、女性が男性に愛を告白する機会としてお菓子メーカーが販売戦略として実施したのが今にいたっているわけですが、欧米では恋人同士がプレゼント交換をして愛を確かめる日になっていますのでそもそもお返しをしたり義理で贈るという行為が必要ないのです。
 
 
ホワイトデーにお返しするのは、東アジアが中心で中国や韓国・台湾にも日本から伝わって定着はしてはいます。
 
 
ホワイトデーの由来としては、1980年にホワイトデーと名称をつけてキャンディーの販売促進をスタートさせた全国飴菓子共同組合が純粋な色としての白=ホワイト、そしてキャンディーの原料である砂糖が白色=ホワイトという意味合いで決めたところからきているのです。
 
 
しかしその2年前の1978年に福岡のお菓子の老舗店である石村萬盛堂がバレンタインのお返しにチョコを包んだマシュマロを贈る日としてスタートさせていますので元祖としてはこちらかも知れません。
 
 
ホワイトデーのお返しで義理需要がこんなにも拡大したのには、日本人が本来もっている感謝の文化がバレンタインで義理チョコとしてうまれホワイトデーでもそのお返しに義理としても贈るようになったからなのです。
 

ホワイトデーのお返しで義理でも職場で好感度を上げるもの

クッキーホワイトデーのお返しで人気のお菓子には種類によって意味があり、その中でも義理として贈るには「友達として好きです」という意味をもつクッキーは好感度が上がる義理のお返しとなりそうです!
 
 
ホワイトデーお返しでお菓子それぞれの意味については、こちらをご覧下さい
ホワイトデーお返しの意味とは?彼女に贈るのに知っておくとイイ情報!
 
 
お返しをしようという気持ちが大切ですし、ホワイトデーの義理のお返しだったとしても、もらって嫌だという女性はそうそういないと思いますが、それでもお返しには何を贈ったら良いのかって悩んでしまいますよね・・・
 
 
ホワイトデーのお返しで義理でも好感度の上がるをものをご紹介していきますので、職場の同僚の女性に贈ってみてはいかかでしょうか?
 

第1位 お取り寄せスイーツ
お取り寄せスイーツ
ホワイトデーのお返しの意味を考えると、クッキーが最適で、コンビニなどでも買えるものなどもありますが、例え義理のお返しでも、素敵なお返しをしてもらえると女性は嬉しいものです。
 
 
そうなると、贈る側としては買いに行く手間が省けるけれど、もらう側からしたら特別感のある「お取り寄せスイーツ」が最も人気を集めているようです。
 
 
クッキー、チョコ、ケーキなど、選ぶ際には、日持ちがするもの、そして普段自分では買うことができないちょっと特別なものを選ぶと職場の女性からも喜ばれます。

 
 

第2位 入浴剤
入浴剤
大量に買わなければならないときには、入浴剤もホワイトデーの義理のお返しとして人気が高いようです。
 
女性はホワイトデーのお返しに「自分ではなかなか買うことが出来ないもの」といった要素も求めている場合が多いので、ちょっと贅沢な気分を味わえる入浴剤はとっても喜ばれるのですね。

 

第3位 ハンドクリーム

ホワイトデーの義理のお返しにハンドクリーム?
 
と思う方もいらっしゃると思いますが、小さいものなら1000円以下で購入することが出来ます。
 
ちょっとした気遣いが嬉しい贈り物で女性から好評なようですから職場の方でお世話になっている方へ贈るときっと好感度は上がると思います

 

まとめ

ホワイトデーの義理のお返しとしては、お菓子が無難ではありますが職場で日頃からお世話になっている女性には少しばかりの気持ちを添えてプレゼントを贈るとグッと好感度はあがると思います。
 
 
ただし、感謝する心が大切ですから金額の高い安いではないのですね。
 
 
ホワイトデーの義理のお返しは、本当に悩むところではありますが、職場での円滑な人間関係づくりとして有効に活用してみて下さい

スポンサーリンク