プライドが高い人あなたの周りにもいませんか?何に対してもプライドが高く、ちょっと付き合いづらい方・・・
 
 
あまりにもお高く留まられると敬遠したくなりますよね。

スポンサーリンク

しかし、仕事や子供の同級生の親などで、どうしてもかかわらなくてはいけなくなり、困ったことありませんか?
 
 
今回は、そんなプライドが高い人の特徴と上手に接していくにはどうしたらいいのか?ということをご紹介していきたいと思います。

何事にも自分が中心でないと気が済まない

自己中心プライドが高い人の特徴としてまず挙げられるのが、ほかの人が話題の中心になっているのが一番気に障るようです。
 
 
なんでこの人の話を聞かなければならないのかしら?と機嫌がどんどん悪くなっていきます。
 
 
そうなると、すぐに自分が話の中心になれるように、話をすり替えたり自分の話題に無理やりもっていこうとするのです!
 
 
どんなに盛り上がっていても、自分が中心でないと気が済まないのですね。
 
 
そして、自分が話題の中心になったとたん、とっても機嫌が良くなり、自慢の話が饒舌になるのです。
 
 
ほかの人が心の中で『またこの人の自慢きかされるの?』と思っていてもお構いなしなのです。
 
 
みんなの顔がどんどん不機嫌になっていっても全く意に介しません。
 
 
こういう時の上手な接し方!

①とりあえず褒める。
また自慢話?と思ってもとりあえず褒めましょう!
 
すごいですね!と、とにかく褒めてほしいのです。
 
プライドの高い人は、心がまだ子供みたいなところがある方が多いので、自慢話でも褒めてあげることです。

 

②話を適当に聞き流す。
ある程度自慢話をさせておいて、多少のリアクションをする感じで聞き流すようにするといいと思います。
 
相手は子供の心なのですから、こちらは大人の心で対応することがベストな接し方なんです。
 
小さい子供が褒められたら、喜んでご機嫌でいるように、プライドの高い人も褒められたらうれしいのです。
 
機嫌を損ねてしまうと話が長くなりますから適当に聞き流すのが無難なんですね。

 

③話を聞いてあげたら徐々にほかの話題にしていく
最初にプライドの高い人に話をさせておいて、そのあとほかの話題に徐々にしていくほうが精神衛生上いいと思います。

スポンサーリンク
 

悪いことが起きるとすべて人のせいにする

人のせいにする何か、嫌なことが起こるともうこれ以上ないぐらいに激怒し、いくら自分が悪くても、他人に罪をなすり付けようとするところがプライドの高い人には特徴としてあったりします。
 
 
そう、まるでドラえもんのジャイアンのような存在なのです!
 
 
プライドが高い人は、自分が悪く誰がどう見ても、あなたが悪いでしょうと思うのに、絶対に非を認めようとはしないのです。
 
 
ましてや、大勢の前で悪いことを認めるというのはなおさらできないのです。
 
 
こういう時の上手な接し方!

①とにかく一度プライドの高い人の意見を聞いてあげる。
誰が悪い、あいつが悪いなどと自分が悪くないアピールを最初から否定するのではなく、とにかく聞いてあげることがベストな方法です。
 
プライドの高い人は、言い訳をすることで何とか自分の責任ではないことをアピールしたいので、これがあったから、あいつのせいでこんな結果になったんだと言いたいわけのです。
 
聞いているふりをして聞き流すようにして下さい。

 

②納得するふりをして、こういう意見もあるよと言う。
相手の言い訳を聞いてから、こちらはあくまで冷静な口調で、こういうあなたの行動が原因だから、こういうことが起きたんだよ。
 
というような言い方をするようにして、一緒に感情的になってはいけません。
 
感情的になってしまうと、プライドの高い人は、もっと大きな反論をぶつけてくるので余計ややこしくなります。
 
あくまでも、冷静に対応しましょう!

 

③とりあえず話題をそらす。
悪いことが起きてしまったのは、すぐにでも対処したいところですが、まずは目の前の激怒している人を何とかしなければ話が進みませんよね。
 
火に油を注ぐ行為をするのではなく、気持ちを他にそらすことで、怒りをとりあえず沈めてもらいましょう。
 
いったん少し甘いものでも食べさせておけば、気持ちが一時収まるかもしれません・・・

とにかく何に対しても自信満々

自身満々プライドの高い人は、こんなこと普通は誰も難しすぎて、できないというようなことでも、『私だけは絶対にできる』と何に対しても自信満々で思い込みが激しいところがあるのです。
 
 
少しいいかえれば、難しいと思われることすべてにおいて、誰よりも上に立っていなければ気が済まないというところでしょう。
 
 
何に対しても負けず嫌いなのですが、実はものは考えようなんですね!
 

①みんながやりたがらないことをやってもらう。
最近テレビでもよく目にすることがあるのは、学校や保育園などの保護者会の役員を誰もやりたがらないということです。
 
確かに、子供のためとはいえ、仕事を休んでまで学校行事の手伝いをするのは結構大変なんですよね。
 
そういう時は、プライドの高い人に、うまくいってやってもらえばいいのではないでしょうか?
 
プライドの高い方は、役員とかいう肩書が結構大好きな人が多いので、きっと完璧にこなしてくれるはずです。

 

②皆さんの前でお話をしてもらいましょう。
自治会や学校行事などで人の前に出て色々説明したりお話ししたりするのも、自信満々でやってくれるはずです。
 
プライドが高いので、失敗は大嫌いなのですから、これまで見たことがないような自信にあふれた顔つきで堂々とこなしてくれます。

意外とちょっとしたことが気になる

イライラする普通の人だったら、まあいいかこれぐらいと思えることでも、すごく気になってしまい、イライラしたりすることが多いのがプライドの高い人には特徴としてあるのです。
 
 
例えば、道を歩いていて、ちょっと靴先が汚れただけで、どこであろうがすぐに拭き取ろうとしたりするのです。
 
 
それが道の真ん中でも、気になってしょうがないのです。
 
 
普通の人だったら、ちょっと汚れちゃったなぁ、家に帰ったらきれいにしよう、と思うところですが、それが許せないのです。
 
 
ちょっとでも、ほかの人に汚れた靴を履いているのを見られたくないからなのですね。
 
 
プライドが高い人は、細かいところでも気になるので、それが原因でイライラすることがあるわけなのです。
 
 
そういう時は、汚れているのに気が付いてないふりをしてあげて下さい。
 
 
つい、汚れてるねなんて言おうものなら、きっと怒りだしてしまいますらスルーしてあげるのが上手な接し方なんです。

実は頼られるのが大好き

自分大好きプライドの高い人は、常に人の上に立ちたい特徴があるので、実は頼られることがとても大好きなのです。
 
 
本当は時間がなくてできないだけのことでも、プライドの高い人に『これちょっと私には難しくてできないのでお願いできますか?』などと、謙虚にお願いしてみてください。
 
 
きっと、一言二言はあると思いますが、実はまんざらでもないのです。
 
 
難しいことをこなしているというプライドと充実感を一度に味わえるのですから、私に任せなさいとばかりにサクサクこなしてくれると思います。
 
 
私だったらこんなに早くできるのよというアピールしてくる可能性もあり、きっと仕上がりも早いはずです。

まとめ

プライドの高い人は結構、めんどくさい人なので付き合って行く際に精神的に疲れたりすることもあるかもしれませんが、うまく付き合っていけば、きっといいこともあると思います。
 
 
あなたの周りにいる、プライドの高い人を今一度観察してみて、上手に接していく方法でかわして下さい。

スポンサーリンク