対処法あなたの周りにも空気が読めなくて周りの人が困惑してしまったり、楽しい雰囲気を悪くさせてしまうような人というのがいらっしゃるのではないでしょうか?
 
 
あまりにも空気が読めない人と一緒にいると、ついイラッとしてしまうこともありますし、精神的に結構疲れてしまいますよね・・・
 
 
空気が読めない人というのは、実は全く気づいていないことがほとんどですからもしかしたらアナタ自身が空気が読めない人とレッテルを貼られているということはないでしょうか?
 
 
空気を読めない人には共通した特徴がありますから、そのパターンを少し確認してご自身と照らし合わせてみてください。

スポンサーリンク

また、アナタの周りの空気が読めない人とどのように接していけばよいのか現在進行形で困っていらっしゃるのであれば、接するうえでの対処法をご紹介していきますので、お付き合いしていく上での参考にぜひしてみてくださいね。

自我が強すぎる

自我が強すぎる空気が読めない人には、自分を守ろうとしたり、自分を出来る限り主張したいという自我が強すぎる人が多く、どんな時も自分の意志のみを大切に自己主張をしてしまうがために、場の雰囲気や空気を空気を台無しにしてしまう言動をとってしまう特徴があるのです。
 
 
また、自己主張をしないタイプの空気が読めない人でも、自分を守ろうという意識が強すぎるため、マイペースな言動を終始してしまうのです。
 
 
自分以外の意見や考えを受け入れることができない強すぎる自我が引き金となって、ちょっとした会話でも批判的な意見を言ったり、周りに同調することができず冷たい目で見られてしまうこともあります。
 
 
対処法としては
 
自分の話ばかりで人の話を聞いてないことがありますので、聞いていないなと思ったらもう一度言ってあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

空気が読めていないという自覚がない

空気の読めない人の特徴としては、自覚がないということが挙げられると思います。
 
 
仮に人から指摘されても自覚がないため反省するどころか、指摘されたことに対してかなり敏感に反応し、時には感情的になって怒り出してしまうこともあります。
 
 
しかし、他人が空気を読めていないと思うと、自分自身は空気が読めていると思っているわけですから、他人の事は平気で指摘することも・・・
 
 
対処法としては
 
そういった場面に遭遇したら、自尊心を傷つけることがないよう、こっそりと、なるべくまわりくどくない分かりやすい言葉で注意してあげるようにして下さい。

冗談が通じない

冗談が通じない空気が読めない人の発言や行動は、どんな時だって本人はいたって真剣なのです。
 
 
そのため、ちょっとした冗談が通じない人が多いと思います。
 
 
周りの人が笑っていても、なぜ笑っているのか、そもそもなぜ冗談を言ったのか・・・
 
 
それらを理解することができないため、会話に乗っていくことが難しく、会話に踏み込んでいくべきタイミングを計ることも困難なため、空気を壊してしまいやすいのです。
 
 
そんな時にも、自分自身が空気が読めていないとは思ってもみないわけですから、ちょっとやっかいですよね。
 
 
対処法としては
 
そこでなんとか理解してもらおうと思うと疲れてしまうこともあるかと思いますので、冗談が通じないときには、「この人は冗談が通じないか、冗談が嫌いな人なんだろうな」くらいの解釈をしておくことが大切です。

真面目すぎる

先にお話ししたように、空気が読めない人は自我が強すぎる傾向があり、常に「自分が、自分が」と自分中心な考えや発言をしてしまっていることは事実なのですが、空気が読めないからと言って根が悪いというわけではありません。
 
 
空気が読めない人の多くは根が真面目すぎるがゆえ、冗談が通じなかったり、言葉の裏にある意味などが読めなかったりするわけなのです。
 
 
常に正面からしか人の感情を読み取ることができないことが空気が読めない最大の理由なのです!
 
 
相手の気持ちを正面からしか読み解くことができないですから会話もおかしなことになっていったり、行動でも手を抜いても良いところや、人と協力すべきところに臨機応変に対応することができずに、覚えたままのことを真面目にこなしていこうとするため、周りとズレが生じてくるのです。
 
 
本人はいたって真面目にしているので、これを考えると少しかわいそうにも思えてしまいますよね。
 
 
対処法としては
 
少しズレが生じてきているなと思ったら、指摘するというよりは「こうしてみない?」というような新たな提案をしてみると良いかもしれません。

何とかして自分の意見を通そうとする

自分の意見は正しい空気が読めない人の多くは自分の意見は正しく、自分の意見を否定されることを極端に嫌う傾向にあるのです。
 
 
それゆえに、自分の意見を否定されると何とかして自分の考えを受け入れてもらおうと強弁をふるうことがあったりします。
 
 
そうすることで、自分の意見を理解してもらえて、納得してもらうことができると思っているのです。
 
 
それだけ「自分が好き」「自分に自信がある」ということなので、自分に自信がない人からすると羨ましくもなる要素ですが、全て聞いていると疲れてしまいますよね。
 
 
対処法としては
 
そんな時は、意見するとどんどん会話に熱がこもってきて会話の終わりが見えなくなってしまうこともあるので、ある程度相槌を打ちながら聞き役に徹してみるようにして下さい。

まとめ

空気が読めない人に共通する特徴というのは下記のようなものがあり
 

  • 自我が強すぎる
  • 空気が読めていないという自覚がない
  • 冗談が通じない
  • 真面目すぎる
  • なんとかして自分の意見を通そうとする

 
その対処法についてご紹介いたしましたが、あなたの周りの空気が読めない人、そしてあなた自身に当てはまるところはありましたか?
 
 
空気が読めない人と仕事を進めることになったり、同じコミュニティで活動するときなど正直、精神的に疲れることはあるわけなのですが、それは仕方がないことなんです。
 
 
空気読めないとよく言われる人の対処法として、最も効果的で確実なのは、聞き役に徹することですが、時には自尊心を傷つけないよう、こっそり注意してあげることも大切なのです。
 
 
そうすることでうまく相手の話を引き出すことができるので、空気が読めない人から見ても印象が良くなっていきますし、下手にみんなの前で空気が読めない人を批判するような意見をしてしまい、延々と反論されるということも避けてとおれると思います。
 
 
もし、自分自身にも当てはまるところがあるなと思った方は、何か発言をする前に、ほんの少し今言うべきことかどうかということを考えてみること、そして、あなたとお話している人は敵ではないということを考えてみると、今よりもっと楽に、よりよい人間関係が築いていけるかもしれません。

スポンサーリンク