頭のいい人頭のいい人といえば、頭の回転が速く、なんでもよく知っていて勉強がよくできる人のことを指すことが多いわけなのですが、その頭の回転の速さには思考回路が普通の人とは違うという特徴があるのです!
 
 
自分は頭が悪いから、頭のいい人ってうらやましい・・・
 
 
そんな風に感じてしまう、頭のいい人ですがいったいどのような思考回路をもっているのでしょうか?

スポンサーリンク

知識の高さだけでは頭の回転の速さというのはなかなか備わらないものです!
 
 
そこで今回は、そんな頭のいい人がもっている思考回路についてどのような特徴があるのかをそのパターンについてご紹介していきたいと思います。
 

知識が豊富である

頭のいい人の一番に挙げられる特徴が知識が豊富であるということではないでしょうか?
 
 
自分が分からないことを丁寧に教えてくれたりすると「この人頭がいいよなぁ」と感じてしまいますよね
 
 
この知識の豊富さというのは、好奇心が旺盛という思考からくるものなのです!
 
 
多くの知識は探究心をもって色々なことに興味をもち「知ろう!」という気持ちがなければ得られないものです。
 
 
頭のいい人は知的好奇心が非常に強く、自分で調べて新たな知識を自分の中に取り入れていくというのを当たり前のようにします。
 
 
何でも好奇心をもつ思考で「知ろう」という気持ちが強いですから必然的に知識が豊富な人になっていくわけなのです。
 
 
誰と話していても知識が豊富であるゆえに会話の引き出しが多く、会話していても共感を得てしまいますから人から頭がいいと思われるのですね。

スポンサーリンク

高い情報処理能力がある

頭のいい人の次に挙げられる特徴が天才的な情報処理能力の高さだと思います。
 
 
私たちは普段の生活の中で、何をするにも自分で「考えて、理解して、決断する」といった情報処理を常にしながら生きています。
 
 
頭のいい人は、どんな分野においても、分からないことに直面すると、まず自分で調べてみるという考えをもっており、その情報の真偽について正しいことなのかを人に聞くのではなく自分自身でまずは考えるという行動がさきにきます。
 
 
自分で調べるといっても一つの視点からだけではなく多角的な視点をもち調べますから情報を複数得るような行動なのです。
 
 
その調べた複数の情報を整理したうえで最良の答えを選択するという能力に長けているわけなのです。
 
 
複数の情報から最良の答えを選択するのには、コツのようなものがあるのですがご存知でしょうか?
 
 
14世紀のイギリスの哲学者で神学者でもあったオッカムが多様したとされる「オッカムの剃刀」という考え方がそのコツの真髄なのです。
 
 
オッカムの剃刀とは、「ある物事を決めるうえで多くの仮定を必要以上に選択すべきではない」という考え方でわかりやすく言えば物事をシンプルに考えたほうがいいということなのです。
 
 
多くの情報を得ても最終的にシンプルに物事を考え答えを選択する思考が情報処理能力の高さだといえるのですね。
 
 
また、人は得てして楽な道を選びがちですから一つの情報だけを得ることで満足してしまい判断してしまうのですが、頭のいい人というのはどの情報が正しいものなのかを複数得たうえで選択するのでここらへんが普通の人とは違うところなんですね。
 
 
この複数の情報を得ることが更なる知識の向上になり、次に繋がっていくようになるわけなのです。
 

物事を数字で表現する

数字頭がいい人は、物事を論理的に考える特徴があります。
 
 
論理的に考える思考というのは、数値で表現したほうがより具体的になるので相手に物事を伝えやすくなるのです。
 
 
例えば、「コーヒーに砂糖をいくついれる?」と聞かれたときに「少し」と答えるのと「一杯」と答えるのでは相手にとっての分かりやすさでは雲泥の開きがあります。
 
 
必ず数字で表現するということではなく相手が理解しやすいように数字で伝えたほうがいいことについては、数字で表現するという思考なのですね。
 

コミュニケーション能力が優れている

コミュニケーション「相手のレベルに合わせて、わかりやすく説明ができる」といった、コミュニケーション能力の高さも、頭のいい人が持つ特徴のひとつです。
 
 
頭がいい人というのは、分かりにくいような説明をすることはありませんから会話していてもとても納得性のある内容として受け入れてしまうのですね。
 
 
逆に頭が悪い人というのは、とても分かりにくい説明をしてしまいがちなんです!
 
 
分かりにくい説明というのは、専門用語をたくさん並べたり、やたら早口だったりして、伝わりにくいんですよね。
 
 
ですから本当に頭がいい人とは、コミュニケーション能力が非常に優れているということなのです。
 
 
相手に分かりやすく説明することができるということは、国語力が高くなければできませんからコミュニケーションの基本である言葉のボキャブラリーが多いともいえるのです。
 
 
頭のいい人は相手に合わせて、相手が理解しやすいように適度な間をあけたり、言葉を選んで説明するのが得意で、そういったコミュニケーション能力の高さから、人から慕われる傾向が強いのです。
 

明確なゴールをもつ思考

目標頭のいい人は、どんなことに対しても、まずはじめに自分の中に明確なゴール(理想像や目標)を定めるような思考をもっているところも特徴であるといえます。
 
 
そのゴールを達成できるという強い確信を持って行動するので、ブレることがなく、途中でトラブルがあっても、周りの意見に不必要に左右されることなく、達成すべき目標=ゴールに向けて一番最善の策をもって切り抜ける力があるといえます。
 
 
強い確信をもっても目標を達成していく行動を身近にみていると安心して任せることができるますから、会社などでは信頼される人物であることが多いのです。
 

基本・基礎を大切にしている

頭のいい人は、「基本・基礎」をきちんと覚えることを大切にします!
 
 
よく基本をバカにし無視して我流で物事を進める人がいたりしますが、うまくいっているときはいいのですが基本や基礎をバカにしているとうまくいかないときに原点に立ち返ることができないですから仕事などにおいては非常に不利なのです。
 
 
スポーツにおいてもそうですが基本や基礎をマスターしているからこそ応用も活きていくので一流のプレイヤーとして活躍できるわけなのです。
 
 
基本・基礎を覚えていないと、効率的に物事を進めるための応用ができないということを頭のいい人は自覚しているのだと思います。
 
 
基本・基礎ができているからこそ、効率的に進めるということについて非常にスマートにこなしていくのですね。
 

プラス思考である

プラス思考頭がいい人にネガティブな考えをもつ方は少なく常にプラス思考であるところも特徴ではないでしょうか?
 
 
プラス思考の背景には、知識の豊富さや情報処理能力の高さに関係があるのですがそれだけ自分が取組むことに対して自信をもっているという証だといえると思います。
 
 
自然と「何が起きてもこうすれば大丈夫」といった、プラスの直感力が働くようなマインドの持ち主なので常に自信をもった行動ができるのですね。
 
 
ただ自分だけの意見を押し通そうとするのではなく、コミュニケーション力の高さで相手をうまく取り込みながら進めていく行動をとりますから、仕事などをしていく上でも頼りにされやすいのです。
 

優先順位をつけるのが上手い

頭のいい人というのは、効率を自然に重視する思考がありますから物事を進めるうえで優先順位のつけ方が非常に上手だという特徴があります。
 
 
まず優先順位をつけるうえで大切になってくるのがそれぞれの期限をきちんと把握できているかどうかなのです。
 
 
Aということは、○日で終わらせればいい
 
Bということは、6時間で終わらさなければならない

 
というように常に物事をスケジュール管理することが優先順位のつけ方のポイントになってきます。
 
 
頭がいい人はスケジュール管理に優れていますから物事に優先順位をつけるのが上手で何事も効率的に進めることができるというわけなのです。
 

まとめ

頭がいい人に共通する9つの特徴には下記のようなものがあります

  • 知識が豊富である
  • 高い情報処理能力がある
  • 物事を数字で表現する
  • コミュニケーション能力が優れている
  • 明確なゴールをもつ思考
  • 基本・基礎を大切にしている
  • 明確なゴールをもつ思考
  • プラス思考である
  • 優先順位をつけるのが上手い

頭がいいと感じてしまうのは頭の回転の速さに通じるこの9つの思考をもった行動によるものなのです。
 
 
本当に頭がいい人というのは、学歴や偏差値の高さで決まるものではないということが社会にでると非常に感じると思います。
 
 
計算の強いだけの人が本当に頭がいい人というには社会ではならないのはそういうことなのです。
 
 
頭がいい人と同じような言葉に頭がキレる人というのがありますがその特徴についても奥が深いですからこちらの記事も参考にしてみて下さい
頭がキレる人とは?

スポンサーリンク